続・働く男

昨日も今日も明日も仕事。ゴールデン・ウィークなのに仕事。製造業なのに仕事――。ゆっくりと読書もできないし、借りてきたDVDも見れやしない。まわりの同僚たちは連休をまえにウキウキわくわくしてるというのに、僕ときたら時間に追われてドキドキそわそわ。まったくやりきれないぜ。

働く男

休日出勤で広いオフィスにひとりぼっち。「連休明けでいいよ」とクライアントは言うけれど、あんたそれって連休までにやれってことなんだよ! それとも連休中にやれってか? ロックでも聴きながらじゃないとやってられない。テンションを上げたいときのマイ定番はレインボーのベスト・アルバム。いつもはイヤホンでコソコソ聴いてるんだけど、今日はスピーカで。ちなみに来月のライブのテーマは「メタル」なので乞うご期待。

世の中GW

今日は休日出勤です。久しぶりにHPをのぞきました。さすがに今日はヒマだ。僕は営業なんだけど、お客さんはみんなGWでお休み。長いところで12連休!半分が今日から7連休。いいな~。ウチでは絶対にありえんしね。あんまりのんびりと会社にいても突然会議とかになりかねんので、逃げるようにみんな出かけようとするが全然行くところはありません。僕も今仕事をしてるフリをして日記を書いてます。そろそろ逃げようかと思います。
GWはみなさん予定はありますか?海外旅行とか行ける人が本当にうらやましいです。知り合いに何人かいるんだよね。料金も高いだろうに。あるところにはあるんですよ、お金って。俺にも分けてくれ~~!!休みをくれ~~!さっ、逃げようかな。

久しぶりだよ全員集合

久しぶりにバンド練習。なんと44日ぶり。初披露の2曲を中心に練習したんだけど、やっぱりボロボロだった。気分を取り直していつもの演りますか、と定番曲を演ってみてもやっぱりボロボロ。久しぶりだったから楽しかったんだけど、こんなんじゃとてもライブなんてできないぞ、と。みんな個人練習はしてるんだろうけど、やっぱりバンドはバンドで練習しなきゃダメだね。本番まで残りわずか。どうなるベイビーバギー。

最近のうち

最近うちに人がよく来る。元来掃除が大嫌いな私としては人が来るのにあんまりあちらこちらにあんなものやこんなものが落ちてると困るからって片付けたりするのが苦痛でしょうがない。いっぱい落ちててもいいのだ!やりたい時に掃除するのだ!とは思うもののやっぱり世間体も気になり、来ると聞いてからいっぺんに青くなって掃除をというか片づけを始める。始めたって終わらないからだいたいは途中でチャイムの音がして、色んなところに色んなものを押し込んでどうにかお通しする。こないだは父さんが突然やってきた。父さんだからといって手抜きはできない。でも父さん遊びに行こうかな!って電話がかかってきた時はうちから100mくらいのところまでせまってきており、もうなすすべは無いって感じ。本当にドキドキしました。とにかく穏便に二人で苺を食べながら道場六三郎の料理番組を見て、料理についてひとしきり語り合い、父さんは色んな引き出しに隠された色んなものに気付くことなく帰っていきました。こういうことがあるとやっぱり日頃から掃除しようって思うんだけどね。でもやらないんだよねえ。

風がビュウビュウ吹いてる。風は苦手だ。10年くらいまえ、まだ高校生だったときのこと。強い台風9号がやってきて、とても寝つけなかった僕は、茶の間でテレビを見ていた。ビュウビュウと吹き荒れる風。突然、ガシャンと音がして部屋に行ってみると、カーテンが激しく揺れ、床にはガラスの破片が散らばっていた。よく見ると、つい1時間ほどまえまで寝ていた枕に割れた瓦が突き刺さっている。青くなった。もしここで寝ていたら。以来、風が苦手になった。風がビュウビュウ吹いてる。風は苦手だ。

やっぱり奇妙

デヴィッド・リンドリー『量子力学の奇妙なところが思ったほど奇妙でないわけ』(松浦俊輔訳、青土社、1997年)を読了。いわゆる「観測問題」について書かれた本だが、SFファンが喜ぶような「多世界解釈」や「波束の収縮」についておもしろくおかしく書かれたものではなく、「脱コヒーレンス」という科学的な立場から、じつに冷静に、一般の読者にも分かるように丁寧に書かれたもので、とても好感がもてた。大学時代に量子力学関係の本を読みあさった時期があって、これはその読み残しで本棚に積んであったものなんだけど、このテーマについて書かれた本にはホントいたずらに読者を惑わすようなものが多いのだ。といってもやっぱり奇妙は奇妙で、悶々としたまま本を閉じた。こんな不確定で曖昧な量子の世界が現代科学の基礎になっていると思うと、じつに尻の据わりが悪い。

スタフラのライブ

夜、スタンフライヤー主催のライブを観にミニケルへ。出演はもぎ4、福井からメイク・ワンズ・マーク、東京から天久高広、そしてスタン・フライヤーの4組。もぎ4は音量のバランスが悪くて聴きづらかった。もったいないオバケが出る。メイク・ワンズ・マークは曲もアレンジも演奏も良くて、とてもいいロックバンドだった。こういうバンドが金沢にもいればいいんだけど。天久高広さんはギターの弾き語り。良かったは良かったんだけど、個人的に社会派の歌詞に抵抗があった。スタンフライヤーは主催者ということもあってか気合いの入ったパフォーマンス。4人しかいないのに10人くらいの音圧があるのはなんでだろう。ライブを通してなんだかんだと考えさせられるライブだった。

日記

今朝は無事打ちっぱなしに行って参りました。久々に運動(?)したので、すでに筋肉痛が始まっております。それにしてもゴルフとは難しいものです。
夜は久々にライブをがっつり見に行く。最近始めから終わりまでちゃんと全ての出演者を見ることはなかったなあと。誘っていただいて本当にありがとうございます。ライブは始めから終わりまで勉強になることだらけでしかも楽しめました。うちに足りないのはこんなことやあんなことだとか、よくあんなに指開くなあとか、お客さんのテンションはどうだ?とか、半ば余計なお世話的な心配もしつつ4時間丸々堪能しました。色々思うことはあったんだけど、やっぱりとにかく前向きに進まなきゃ!と思った1日でした。

日記

明日は本当に久々にもう4年ぶりくらいにゴルフの打ちっぱなしに行ってきます。朝9時に集合らしいです。そんなの起きられるのか?いつも昼までばくすいの私はドキドキです。まあいいんだ。起きられたら行くって言ってあるし。しかし最近はめっきり体もなまっていることなので空振りとかしてはずかしいとこ見せつつがんばってみようかな。さ、もう寝ます。おやすみなさい。