ユーミン

荒井由美のトリビュート・アルバム『Dear Yuming~荒井由実/松任谷由実カバー・コレクション~』(1999/09)を聴く。ユーミンて楽しい曲でも悲しい曲でもまったく無表情に歌っちゃうんだけど、それがかえって情緒的だったりする不思議な歌手なんだけど、じゃあそういう楽曲を表情豊かに歌ったらどうなるのか、これはそういうアルバム。だから参加アーティストも表現力に定評のある歌手や個性的な歌手が集められている。NOKKO「COBALT HOUR」、森高千里「あの日に帰りたい」、m-flo「静かなまぼろし」、松崎ナオ「情熱に届かない」、露崎春女「DOWNTOWN BOY」、大江千里「スラバヤ通りの妹へ」、井手麻理子「Hello,my friend」、椎名林檎「翳りゆく部屋」、奥居香「恋人がサンタクロース」、ゴスペラーズ「A HAPPY NEW YEAR」。こういう企画物にしてはとても良いアルバムだった。感心したアーティストは、まず森高千里。これを聴いてユーミンと森高は同じなんだと気がついた。表現力はまったくないけど、なんか伝わってくるものがある。それから歌唱力のすばらしさで露崎春女と井手麻理子。こんなに単調な曲をよくもまあこんなに抑揚をつけて歌えるもんだ。個性ではNOKKOと椎名林檎。完全に自分の歌にしちゃってる。それから奥居香もある意味すごい。奥居香が歌う「恋人がサンタクロース」なんて、聴かなくても聞こえてくる。そして実際にそれを裏切らない。もっとも良かったのは松崎ナオ。唯一知らない歌手だったんだけど、あまりに良かったので20回くらいリピート再生してしまった。インターネットでオリジナル曲を試聴してみたんだけど、これはそれほど良くなかった。でもCD買っちゃおう。さて、こうして聴くと、やっぱりユーミンの書く曲が良いのだ。もっといろんな人が歌うユーミンを聴いてみたいと思った。ただし女性ボーカルに限る。このアルバムでも大江千里とゴスペラーズはまったく不要。露崎の後に大江の声が流れてきて思わず吹き出しそうになった。

日記

長いこと私を悩ませていた課題がひとつおわりました。こんな時間になってしまったけどなんだかほっとしました。全然仕事と関係ないんだけどね。できはイマイチなのですが手を離れたことが純粋にうれしい今日の私です。
ここしばらく夏バテでろくなものを食べていなかったのですが、今日は会社のクーラーがききまくりで、寒いくらい。で、ジャンパー着て仕事をしていたところ、すっかり夏バテも治り急に食欲が。夕方におなかが減って、こっそりカロリーメイトをパクパク。帰ってきてお腹が減ったと久々の料理。山のように買ったピーマンが手付かずだったのでとにかくいろんなものとピーマンを炒めていただきました。ピーマンは本当においしい。大人になってからは特においしいと感じるようになりました。アダルトな味なのです。
ピーマンについて語るより早く寝ろ!って感じですね。しかし気になるピーマン。おすすめピーマン料理がある方は教えて欲しい。ちなみに肉詰めはだめ。子どもの頃おねえちゃんが作ってくれたんだけど、中身が生だった嫌な想い出があって、それ以来食べていません。

日記

久々の日記です。今週は色々バタバタして、じいちゃんの兄ちゃんが亡くなったりして(なんと103歳でした)、へこんだり何だりの1週間で、ついつい日記を書きそびれました。じいちゃんのお兄ちゃんは103歳ですが、ぴんぴんしてて畑なんかにでたりしてて、うちのじいちゃん(95歳)が100歳になったあかつきには親戚一同で「昼どき日本列島」に出よう!という勝手な計画もあったのですが。でも100超えれば本望だろうと。
訳あって歌本を購入しました。ぱらぱら見ていたのですが、作詞家ってすごいね。ほんと。ちょっと感動しました。なかでも「吉岡 治」すばらしい!大川栄策 さざんかの宿の詩、みなさん知ってます?出だしの1文にやられました。「くもりガラスを 手で拭いて あなた明日が 見えますか」むむむむむ~っ。素晴らしい!私のストライクゾーンです。ほんとさっきからずーっと口ずさんでおります。実はさざんかの宿の曲をすっかり忘れてしまっていて歌えないんだけど、歌詞だけで十分すばらしい。なんなんだろうね。この人の書いた他の詩をみてもなんだかストライク続きです。詩にせよ、曲にせよ、小説にせよ、なんにせよ、人の心に直球投げ込める人はすごいです。感動。

折れたスティック

昼は休日出勤、夜はバンド練習。疲れてるからちゃんと叩けないかと思ったんだけど、なんとかなるもんだ。それどころかスティックを折ってしまった。僕が使ってるスティックは木製じゃなくてスチール・カーボン製だからそう簡単には折れないハズなんだけど、演奏中になんか感覚がおかしいと思ったらポッキリと。そのうちスネアも叩き壊すかもしれない。楽器屋さんには置いてないものなので、またメーカに頼み込んで売ってもらわなくちゃ。ああ面倒くさい。

もう疲れた

昼は休日出勤、夜は深夜残業。しかし休みなしでよくここまでがんばってると思うよ。でももう体力、気力ともに限界。曲を書く時間はおろかホッとひと息つく時間もないんだから。せめて給料に反映されればまだ自分を慰められるンだけど。あーもう疲れた。

今日は玄矢の誕生日

なので仕事を休んだ,今後はそんな簡単に休めないだろうし最初の誕生日くらいは休んで二人で過ごそうと前から決めていた.あゆりは玄矢が風邪の時や急の熱の時なんかに休みを取ってもらわないといけないし,今日は仕事へ・・・んで,久しく会ってない友人の家へ行ったり親しいお客様のとこへ顔出したりと,せわしなく過ごしました.まー子供にはいい迷惑で保育園行ってるほうがよっぽど良かったんだと思うけど,たまには親のわがままに付き合ってもらおうと連れまわしました.でも案外一緒にいる事って子供にはいいんじゃないかなとも思いました.
しかし子供といると飯もろくに食えんしトイレにもいけん!あゆりの大変さも分かった一日でした.嫁よいつもありがとう.可愛い玄矢1歳おめでとう!

ノヴァーリスの引用

奥泉光『ノヴァーリスの引用』(集英社文庫、2003/05)を読了。10年前、大学図書館の屋上から墜落して死んだ学友の死をめぐり、あれは事故だったのか自殺だったのか、それとも他殺だったのか、恩師の葬儀で再会した4人の仲間が、当時を振り返り様々な推理を繰り広げるが――。奥泉の作品をジャンルにはめることは難しい。文体や主題は純文学的なんだけど、ストーリィやプロットはミステリや幻想文学的。この作品にしてもはじめはミステリ風の展開なんだけど、途中から思弁的な語りがウェイトを占め、後半では幻想小説、ラストでは恐怖小説へと様変わりしていく。奥泉の主題として、物語は語ることによって生じる、というのがあるんだけど、この作品でもこの主題がメインテーマになっていて、学友の死をめぐって語られる1人ひとりの物語が重層的に展開されていく。この手の小説が苦手な人にはまったく受け入れられない作品だろう。奥泉ファンの僕としては受け入れざるをえないところなんだけど、他の作品に比べるとイマイチかな。あ、でも印象に残った文章があった。――祈るっていうのは想像することでしょう? いまとは違う現実に向かって、こことは違う場所に向かって、リアルに、いろいろに、想像を巡らせることでしょう?

最近

モノがよく無くなる!あゆりのコンタクトレンズ・あゆりのコンタクトのケース・玄矢の口にくわえるやつ・僕の綺麗に削ったばかりのピック・10匹いるはずの玄矢のおもちゃの動物などなど・・・玄矢が飲み込んだんじゃないか!と心配はするけど,「実際にはあんまり飲み込まないし,ゴミ箱にでも入れたんじゃないか?]と友人に言われるから,ひとまずは安心する.しかしこう頻繁に無くなると,さすがに無くなっては困る物の管理をしっかりしなくては,と最近は物を片付ける事に気を使っている.でもここなら大丈夫!と思っていても知らないうちに色んなとこに手が届くようになり,引出しを開けるようになり,物を投げるようになりキリが無い!しかも最近歩けるようになり玄矢の活動範囲は急速に広がってきている.そのうち厳重に隠してあるはずのエロDVDにもたどり着くのだろう.早く対策をとらねば!!!

ヴェルヴェット・リヴォルヴァー

ヴェルヴェット・リヴォルヴァー『コントラバンド』(2004/6)を聴く。このアルバム、ガンズ&ローゼスの元メンバー、スラッシュ、ダフ・マッケイガン、マット・ソーラムの3人に加え、デイヴ・クシュナー、そして元ストーン・テンプル・パイロッツのスコット・ウェイランドによって結成された新バンドの1stアルバムといえば、ロック・ファンなら聴かないわけにはいかないだろう。ガンズとストテン。誰がこんな組み合わせを予想しただろう。まさに超大物新人バンドだ。で、感想をひとことで言っちゃうと、とてもよくできたロック・アルバム。正直、ちょっぴり物足りなかった。たしかに音はガンズだし、声はストテンなんだけど、こっちは勝手に1+1=3みたいな化学反応を期待してたわけで、それが1+1=1ならやっぱり拍子抜けかな、と。いや、もちろんこのメンバーだからたとえ出てきた答えが1でも十分に良いんだけど、期待が大きかっただけにね。まだ1stだからこれだけで評価するわけにはいかないんだけど、これならガンズとストテンを聴いちゃうな。なんかあらためてガンズの他のメンバー、アクセル・ローズとイジー・ストラドリンの存在感を再認識してしまった。まあガンズじゃないんだからそんなことをいってもどうしようもないんだけど、でも、それにしても、ガンズ時代のスラッシュはもっとカッコ良かったぞ。スコット・ウェイランドにしてもなんかパワー不足な感じがするだけど、ストテンのときはそんなことなかった。いや、繰り返すけど、ロック・アルバムとしてはとてもよくできているし、これが新人バンドの作品ならもっと評価したと思うんだけど、いかんせん彼らは背中にとても大きなバンドを背負っていて、だから、ファンを納得させるためにはよっぽどすごい作品を作らなければいけないのだ。次――があるかどうか分からないけど、期待したい。
◆アマゾン http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001M0JL2/babybuggyoffi-22