ミニケル3周年

#昨日の日記
ミニケル3周年ライブにトリとして出演。僕らがトリでいいのだろうかと恐縮してたんだけど、とにかくがんばってやるしかないと。僕らは結成当初からミニケルとともに歩んできたわけだから、ミニケルの歴史はベイビーバギーの歴史でもある。ミニケルがなかったら僕らはなかったと思うし、ミニケルがあったからここまでやってこれた。たくさんの音楽仲間と出会えたのもミニケルのおかげ。マスターが途中でくじけちゃってたら、僕らもくじけちゃってたからもしれない。だから、言葉にはできないくらいマスターには感謝してて、そういう気持ちを込めて一所懸命に演奏したつもり。金沢でライブハウスを継続していくってのは本当に大変だと思うけど、今日のすばらしい出演者たちと、たくさんのお客さんを見たら、ミニケルは大丈夫だって思った。僕らも一緒にがんばっていきたい。

フルメタル・ジャケット

#昨日の日記
円安が進み112円へ。これは人民元切り上げのニュースがあった直前の水準。いったんは109円まで円が買われたが、わずか1週間で戻ってしまった。切り上げ幅が2%と小さかったので市場への影響は小さいだろうと言われていたが、ほんと、何事もなかったかのように落ち着きを取り戻した。だって、よく考えるまでもなく、ドル/円相場なんてここ数か月で2%以上変動しているんだから、たかだか2%なんて変動為替相場では日常茶飯で、市場はすぐにその影響を吸収してしまうのだ。だから問題は、今後、さらに切り上げが行われ

デスクトップの壁紙をJACK DANIEL’Sのものに変えた。スクリーンセーバーもそうした。大人の雰囲気をものすごくかもし出している。みんなには酒飲みと言われたが、最近はそうでもない。外で飲むときは気がはっているから別だが、家だと1人だから缶チューハイ1本でフラフラでケタケタだ。酒はかもし出す雰囲気がいい。酒と泪と男と女。題名聞いただけで泣きそうだ。日本酒でも洋酒でもいいんだけど、あまりアルコール度数の低いもの(フィズとかチューハイとかね)や高すぎるもの(テキーラとかね)は情緒が無い。熱燗、人肌(ぬる燗)、徳利、ショットグラス、水割りのグラス、氷のゆれる音、湯気、暖簾、マスター、蝶ネクタイ、無口、おでん、湯気、背中・・・等々。いいですねえ。ちなみにJACK DANIEL’Sのホームページにいくと水割りの音をダウンロードすることもできます。

カエラに夢中

木村カエラのアルバム『KAELA』(2004/12)を聴く。かわいいから聴いてみただけなんだけど、不本意にもはまってしまった。曲は誰か知らない人が作ってるんだけど、歌詞はすべて自分で書いているらしい。英語の歌があったので経歴を調べてみて、はじめてハーフだと知った。そういわれて見るとたしかに顔が日本人らしくない。造形があまりに違う天然の欧米人より、日本人の面影があるハーフの方が親しみが持ててかわいく見えるのは僕だけじゃないはず。ちなみに好きなアナウンサーは滝川クリステル。さておき、けっしてうまいボーカリストではないけれど(ヘタではまったくない)、ちょっとしたフレーズの1つひとつに表情があって、聴けば聴くほどクセになる(うまいだけの人はすぐに飽きちゃうんだよね)。アルバムとしてみてもいい曲がたくさんあって、雑誌モデルがCDを出した的な企画物だと思ったら大間違いの名盤。好き好き大好き。
◆アマゾン http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00065GZJE/ref=ase_babybuggyoffi-22/249-7251670-3812338
◆公式サイト「Kaela★Blog」 http://kaela.jugem.jp/

自画自賛

3週間ほどまえに提出した秋田県某新市のHP制作コンペが取れたと連絡があった。音沙汰ナシだったかったから落ちたとばかり思っていたのに。珍しくデザインに自信があったからヘコんでいた矢先の朗報。どうやらデザインだけの仕事になりそうだから、打ち合わせに行く必要はないかな。
帰ってから熊崎さんの曲のアレンジ。もらった音源に他のパートを乗せようと思ってたんだけど、ギターの音があまりにラインぽかったので耳コピして弾き直した。いや~僕が弾くとかっこいいなあと自画自賛大会。思わずところどころフレーズが変わっちゃった。アレンジできたよ――ッてメンバーに聞かせて、原形をとどめてなかった熊崎さん怒るだろうな~。重たいバラード。とにかくリフがかっこいいので、それを活かすような曲にしたい。

自炊

ここしばらくずーっと自炊に全く興味がわかず出来合いのものばかりを食べていたのですが(まあ遅くまで仕事だったってのもあるんだけどさ)、昨日テレビで曲がり角で結婚したい女達とかなんとかいう番組を見て、こりゃいかん!と。自炊が大事とかなんとかいうんじゃなくて、その中の一人の人が「気をつけないと仕事だけになっちゃうからね。」と言っていて、こりゃ私のことだ!と。自炊はしないわ滅多に遊びにでないわ化粧しないわオシャレしないわ家にいるわ寝てるわ食べてるわで、ひどい。しかしまだ結婚もしてないしなあ。とにかく女じゃなくなる前に女を取り戻さないとね。でも今日は友達とご飯。鶏を生で食べさせるお店があるらしい。女らしくは明日から!

魚釣り

シンゴの日記にもあるように、昨日釣りをしてきた。狙いはキス。「きす」って変換しても出なかった。魚辺に喜ぶのはずだ。喜ばしい魚なわけね!それはいいとして、疲れ果てたよ・・・。大体4時半起きなのに、前の日26時間テレビ(?)だっけ、あれ見ちゃって夜中だし。なんとか起きて海へ。テトラポットで釣るのはもうイヤだね。足がガタガタ震えるんですよ。分かります?テトラの角に土踏まずをあてると、カクカクガタガタ。で、狙ってるキスは一向に釣れず銀鯛ばかり。シンゴはキスやらフグやら楽しそうだ。フグはいらんか。でもエイにはビックリしましたよ!投げて、タバコに火を付けた途端竿先がビクンッビクンッて。明らかにキスではないアタリだ。リールを巻いてる感覚も重たい。で、上がってきたらまず銀鯛が見えて、次に茶色の魚が。ヒラヒラって感じで。裏返ったら白い腹が見える。おっヒラメだ!ってシンゴと二人で声をあげて、いよいよ釣り上げたら・・・「あらっ??」なんか尻尾がある・・・?エイが釣れるとは、いやここにいるとは思いもよりません。怖い顔してたよ~。気持ち悪い。一応写メだけはしとこう!参段さんは「えいひれ食べたい」って言ってたけど、持って帰る勇気はありません。大体これ食えんのか??しかもその後2枚目のエイも釣っちゃいまいした。一日に2枚(2匹?)。信じられない。ホント僕は旅先とかこんな時には、面白い事がおこるんだよね。子供の頃は釣りに行って「どざえもん」を発見するし。
とにかくこの夏は釣りです!誰か釣り大会を企画してください。テトラで。誰か絶対落ちるな。

疲れ果てた

#昨日の日記
早朝4時半起床でキス釣りへ。高西さん、ひろちゃん、参段さんと4人で。当初予定していた内灘の防波堤は朝早くにもかかわらず超満員だったので近くのテトラポットで釣ることになった。足場が悪いので人は少ない。危険地帯なのだ。落ちないように体のバランスを取りながらサオを振る。必死。こんなところで釣れないだろうなとダメ元モードだったんだけど、ポチポチと釣れた。隣の高西さんもキスを狙ってるはずなんだけど、なぜかエイを釣り上げる。この人には笑いの神様がついているのかもしれないと思った。そんなこんなで昼近くまでテトラポットと格闘。釣果はたいしたことなかったけど、テトラポットを渡り歩くのはうまくなった。帰りに焼き肉屋でランチして帰宅。疲れ果てた。英語で言うとイグゾーステッド。夜は定例のバンド練習。バスドラなんて踏めたもんじゃない。帰りに熊崎さんからオリジナル曲が入ったMDと歌詞を受け取った。これがバンドの曲として採用されればベイビーバギー史上初となる。帰ってそれをシーケンスソフトに取り込んでアレンジ――と思ったけど、そこで力尽きた。

コンペの結果は

午前、某新市HPコンペのプレゼン。正装して臨む(といってもいつもと同じスーツなんだけど、気持ち的に)。今回はメインでしゃべる役じゃなく、質疑応答でややこしいことを訊かれたときの応答要員だったから気は楽だった。メインでしゃべる人(元請けの技術担当者)も余裕そうだったので、時間だけが心配ですよねとか言ってたんだけど(今回は異常にプレゼン時間が短かったのだ)、いざ始まってみると、その人がめっちゃめちゃ緊張しちゃって、隣でスゲーどきどき。しゃべってることもよく分からないし、話がまったく進まない。そしてプレゼン終了のベル、質疑応答へ。この人には任せておけぬと全部答えたかったんだけど、ほとんど答えちゃって、こっちに振られたのは1つだけ。しかもしょーもない質問。で、質疑応答も終了、退室。終わったという開放感よりも、がっくし感が圧倒的に強かった。結果は明日の午前中にFAXで知らせてくれるらしい。帰社。午後、明日のはずの結果がやってきた。見事落選。もちろん、デザインが悪かったのかもしれないし、企画書が悪かったのかもしれない。最初から決まってたってことだってなきにしもあらず。でも、あのプレゼンは悔いが残る。