卑怯な主人公

いまさら足掻いても無駄だと思いつつ性懲りもなく個人練習。やっぱりダメだった。完全に袋小路に入り込んでしまっている。できないところはどれだけテンポを落としてもできず、しまいにはこれまでどうやって叩いていたかも分からなくなってしまった。3時間も叩き続けたあげく、これはやらない方がいいとようやく気づいて練習終了。ダメなものはしょうがない。後は野となれ山となれ。

片腕カンフー対空飛ぶギロチン

DVDで映画『片腕カンフー対空飛ぶギロチン』(1976年作品)を観た。かつて「天皇巨星」と呼ばれた香港・台湾映画界の超ビッグ・ネーム、ジミー・ウォングの監督、脚本、主演作品。「片腕ドラゴン」と呼ばれる片腕がない武闘家と、彼を殺すために清朝が送り込んだ「空飛ぶギロチン」という殺人兵器を操る盲目の刺客との戦いを描く。トンデモなカンフー映画は多々あれど、このトンデモ度はすごいぞ。まずタイトルにもなっている空飛ぶギロチンは、鎖の先についた鉄の帽子を投げて人にかぶせると、内側に刃がついていて、引っぱると瞬時に首が切断されるという恐るべき兵器(ちなみに『キル・ビル』で栗山千明が演じる「ゴーゴー夕張」が使っていた鉄球はここから引用している)。そして、最強の武闘家を決める武術大会があるんだけど、この出場者がまたすごい。やたらに素行の悪いムエタイ使いのタイ人やら、自在に手が伸びるヨガ使いのインド人やら、驚異的な跳躍力のあるトンファー使いの日本人やら、じつにバラエティに富んでいる。そしてもっともトンデモなのは、主人公「片腕ドラゴン」の戦い方で、これがまあめちゃめちゃ卑怯。かつてこれほどまでに正々堂々と戦わない主人公がいただろうか(反語)。顔を見ると善人だし、ポジション的にも正義の味方なんだけど、戦い方がとにかく汚い。いくら片腕というハンデがあるからといってそりゃないだろ!とツッコミどころ満載なのだ。しかも相手は正々堂々と戦っているからなおさら卑怯に見えてしまう。勝つためには手段を選ばず。とにかくトンデモな作品。それでもこの映画が後世のカンフー映画や日本の格闘アニメ、ゲームに与えた多大な影響を与えたということで、非常に重要な作品でもある。マニア必見。

どうする吉田 真吾

株で大波乱があってわずか2分間で10万円ほどが吹き飛んだ。イチかバチかの巻き返しを図ったのが功を奏し、最終的には2万円くらいのマイナスで済んだんだけど、株をやっててあんなにパニクったのははじめて。きっと明日も余波があるだろうけど、もう恐くて積極的なトレードはできそうにない。

夜、ライブ前の最後のバンド練習。安心するために入ったんだけど、余計に心配になって出てきてしまった。ちょっと前までは自分の演奏に自信があったんだけど、いまはダメダメ状態。どんな練習をしても、どれだけ練習しても、まともに演奏できる気がまったくしない。やればやるほどへたになっていく。こんなときはどうすればいいんだろう。こんな精神状態じゃダメなプレイがますますダメになってしまうじゃないか。ダメダ・スパイラルといま命名した。本当にダメだ。

現代アート

金沢21世紀美術館でゲルハルト・リヒター展を見てきた。ゲルハルト・リヒターは「現代絵画の巨匠として高い評価を受けているドイツの画家」らしい。一緒に行った会社の後輩は「僕にはまったく分かりません」と言っていた。現代アートは分からないとよくいうが、このときにの「分かる」が「意味が分かる」という意味であれば、分かる必要はまったくない。だから『鏡』と題された作品を見て「ただの鏡じゃないですか」とつっこんだ後輩は、まったく正しいのだ。ただ、それが乗りつっこみだったらなお良かった。

理想の税

昨日、来年の手帳を買ってきた。使えるのは今年の年末からなんだけど、どうしてもすぐに使いたくなっちゃったので、今週から年末までの分をイラストレータで作って貼り合わせた。はじめは適当に作るつもりだったんだけど、レイアウトとフォントを合わせ、カレンダーを見ながら2か月分の日付を入れ、うまく手帳に収まるようにカッターで切ったり糊で貼ったりしていたら3時間もかかってしまった。仕事中に。。。

経済ってそういうことだったのか会議

経済ってそういうことだったのか会議』という本があって、これは広告屋の佐藤雅彦が、当時まだ大学教授だった竹中平蔵に、経済について教えてもらうというものなんだけど、細かい内容は忘れてしまったが、このなかで竹中が「理想の税」は人頭税だと言っていたことだけははっきりと覚えている。人頭税というのは、収入の多い少ないに関わらず、すべての国民が同じだけ税金を負担するということだ。年収が300万円の人も10億円の人も同じ額の税金を納める。それが理想だと竹中は言っているのだ。僕はこの考えに違和感がある。もちろん、それが平等だという考え方もあるだろう。現在のようなグローバル経済にあっては、累進課税は資本の流出を促すというのも理解できる。だからといって、人頭税が「理想の税」だと言い切ってしまうのはどうだろうか。自民党の財政改革研究会が、国と地方のプライマリーバランスを黒字化するためには、消費税率を10%以上に引き上げる必要があるという中間報告を取りまとめたが、これは竹中の理想に基づいたものだと考えることができる。もちろん、国の財政が逼迫していることは知っているし、歳出削減が難しいことも分かるが、だからといってそれが即、消費税率を引き上げる口実にはならないのではないか。いろいろ検討したうえでそういう結論になったのなら、そのプロセスを国民にしっかりと説明してもらいたい。選挙に圧勝したからといって、なんでもありじゃないんだから。構造改革は必要だろうが、どういうふうに改革していくのか。少なくとも、小泉=竹中を支持するということは、強きを助け弱気を挫く弱肉強食型のハードな経済を支持することだ、ということは認識しておく必要がある。

いやな料理本

週末料理の本を買った。“一人暮らしの女性のためのご飯”みたいな題名の本で、立ち読みした感じだと、ありきたりな“初めての一人暮らし!”みたいな基本料理じゃなくて、もっと使えそうな、常備菜はこんなのがいいとか、この野菜は加熱しておけば何日くらいは持つとか、かなり使える本だったので、ウキウキで購入して夜中布団に持ち込んで読み出した。そこでがっくり。本のはじめにかかれた文章にやられた。「30代から40代、50代を自分らしく快適に過ごせるように・・・」いやいやいや。30代も40代も50代も一人で自分らしく生きていくつもりはないんだって!思わぬところでショックを受け、ついつい50代になってもこのアパートで自分らしく生きている自分を想像して凹んでしまった。いい中身だけど嫌な料理本だ。がっくり。

カンフー映画に恋してる

少林寺武者房

DVDで『少林寺武者房』(1984年作品)を観た。『少林寺三十六房』のリュー・チャーフィが監督、主演。アクションはいいんだけど、ストーリィにはムリがあるし、セットはちゃっちい。『三十六房』からの引用が多いのは、ファン・サービスと言えばそうなんだろうが、安易といえば安易。そしてエンディングのたたみかける展開は、フィルムがなくなったのでサッサと終わらせました!みたいないい加減さ。映画としてはどうしようもない駄作でツッコミどころ満載なんだけど、でもこれがカンフー映画を観る楽しみなんだってな。いい作品はいい作品でいいんだけど、ダメな作品はダメな作品でいい、と。恋愛感情だな、これは。
夜は定例のバンド練習。クリックを聴きながら叩くと余計にリズムが狂う。いつになったら慣れるんだろうか。てか慣れる日は来るんだろうか。
◆アマゾン http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005V4K5/babybuggyoffi-22/249-7251670-3812338

和田アキラ

福井の松木屋に和田アキラが来るというので行ってきた。日本のフュージョン・バンドの草分け的存在であるプリズムのギタリスト。僕が和田アキラを知ったのは高校生のときで、聖飢魔IIのリズム隊がRXというユニットで出したアルバムにゲスト参加していたのを聴いたのが最初だった。大げさな言い方だけど、カミナリに撃たれたような衝撃を感じたのを覚えている。当時は相当なロック馬鹿だったから、スリップビートやポリリズムも、それに乗っかって和田が弾くスケールの響きも、なにもかも初体験だったのだ。こんなかっこいい音楽があるのか、と感動した青年はその後、ホールズワースなんかを聴くようになるんだけど、きっかけになったのが和田アキラだった。その和田アキラがなぜ来たかというと、ローランドのGT-PROというラックマウント型マルチ・エフェクターのプロモーションで、セミナーを行うため。会場の松木屋花月店は小さな店で、店の裏ではガレージセールが行われていた。なんかいいものあるかな~とフラフラしていたら、発見。和田アキラを発見。普通に歩いている。どう見てもただのおじさん。オーラのようなものはまったく出ていない。服装も週末のお父さん。ひょっとして違うか?と思ったんだけど、店員の対応を見るとやっぱり本人で間違いなさそう。やがてセミナーがはじまり、おじさんがギターを手に取った。ギターを持ったらそれっぽく見えるから不思議なもんだ。客が少ない。スタッフを除くとたぶん10人ちょっとくらいしかいない。すごい人なんだけどなあ。僕は真正面の2列目に座った。和田アキラとの距離、2メートル弱。まずは1曲、とカラオケに合わせて弾きはじめる。左手のフォームやフィンがリングを見てなんとなく不器用そうだなあと思ったんだけど、音を聴く限りはどんな早弾きでも1音1音がしっかり分離していてミストーンはまったくないし、ザクザクとした重いリフもクリーンなカッティングも難解なアルペジオも変幻自在。開始5分でおじさんには見えなくなった。でもしゃべるとおじさんになっちゃうんだけどね。セミナーは、GT-PROの説明にはじまって音作りのコツとか普段の使い方とかを、進行役の人と和田アキラが掛け合いで解説。途中、ドラム・マシンに内蔵されているギター用マイナスワンのカラオケに即興で合わせるというのがあったんだけど、キーもコード進行も何も知らされてないのに、進行役がプレイ・ボタンを押した1秒後から完璧にアドリブが弾けちゃうのには驚いた。コード進行を探ったりしないんだから。マジックを見てるみたいだった。最後に2曲続けて演奏してセミナー終了。やっぱりスゲーな和田アキラ!と同時に、スゲーなGT-PRO!と、思わず財布からクレジット・カードを出しそうになった。ローランドの思うツボ。

決めかねる

デジタル・オーディオ・プレイヤーをどれにしようか悩み続けている。これまで使っていた Rio carbon はすごく気に入っていたから買い直したいんだけど、残念ながらRio が mp3 プレイヤーから撤退。違う物を買わざるをえない。そこで普通なら i Pod とかソニーのウォークマンあたりで迷うんだろうけど、ひねくれ者の僕は最初から i Pod は選択肢に入ってないし、ソニーも wma フォーマットに対応してないから不可。さらに韓国製なんか死んでも買うもんか!となると、ドングリの背比べ状態で、コレだ!というのがないんだよな。サッサと決めて買いたいんだけど……。

食べ物以外に何もない。

食べ物以外の日記を書こうといつものようにまた無駄な努力をする。ひとつも書けない。私には食べ物以外に何もないのだ。どうせそんな人間です。底の浅い人間です。私という人間を覗き見てみても食べ物以外に何もでてこないのです。
そうだ!食べ物以外にありました!今日人間ドックの結果が返ってきました。結果は・・・やはり健康でした。少しさみしい。コレステロール値が低すぎるのと、肝臓が少しやられているので、規則正しい生活習慣、食べ物やアルコールに気をつけること、運動すること、ストレスと過労に気をつけること、等々ありきたりなことが書いてありました。あまりに丈夫な自分が嫌いです。元々あまり長生きしたくない、とか言ううっとうしいタイプなのです。こうなったら好きなものをたらふく食べてずーっと健康過ぎるまま隅っこで細々と長生きしたいと思います。

塩辛

そういえば言い忘れていたが、日曜日車遊館に久々のちやほや買いに行った。今回は時間が早かったこともあって、呼び込みのおっちゃん達はターゲットが多くて誰もちやほやしてくれずがっかりだったが、「おねえさん!」と呼びかけられて気を良くした。いつもの店でいつもの海鮮丼を買い、いつもの店でいつもの塩辛を購入。塩辛の店で「あれ、あのゆずの味するやつないですか?」と言うと、お兄さんは観光客向けの笑顔からふっと真顔に返って「いつもありがとうございます。」と深々とお辞儀をした。いやいやいや、いつもっていっても3回目だから。ゆずのやつ買うのも二度目だから。となりでわさび岩のりの試食をしていたおっさんがいぶかしげな顔をしてこっちを見た。何となく恥ずかしくなって、常連面をして「じゃあその甘エビのやつももらおっかな。」とつい言ってしまった。家には塩辛が3パック(直径12cm、高さ4cmの容器)もあり、全ての賞味期限が10月30日で、私は日曜から毎日毎食塩辛を食べている。昼休みには家に帰って塩辛を食べている。塩分とりすぎで病気になりそうだ。