最上のライブ

#昨日の日記
Music Core主催のライブ「月刊 MOGAMI 乃最上(すなわち・さいじょう)」を観にミニケルへ。このライブはすぐれたテクニックを持ったバンドを毎月紹介するというライブだそうで、第1回目の今回は、ゲストにスティール・ペダルという楽器で弾き語りをしちゃう千田佳生、スティックという楽器とドラムだけでプログレをやっちゃうロック四十肩、そしておなじみJYOWZZが出演。観たことある人たちばかりなんだけど、あらためて最上の演奏に驚かされた。千田さんのペダル・スティールは恐るべき表現力で、音だけ聞いてたら、とても1人でやってるとは思えないほど、多彩な音色が次々と出てくる。芸人と言うと怒られるかもしれないが、あれは名人芸というのが相応しいと思う。ロック四十肩は以前、DNA復興ライブでご一緒したが、あのときは時間が短かったので、少ししか観ることができなかった。今日は堪能。キング・クリムゾンをはじめ、映画「ゾンビ」のテーマ、「ゴジラ」のテーマなど、そうかそれってプログレか――というマニアックな選曲で、終始ニヤニヤしちゃった。演奏の驚きもそうなんだけど、素材曲の良さをあらためて痛感したので、CDラックからクリムゾンをCDを探そう。JYOWZZはいまさら言わずもがな。今回のライブで特筆すべきは音が良かったこと。ミニケルでも(という言い方は失礼かもしれないが)、あんだけ機材を入れて、ちゃんとした人がやれば、それなりのライブができるのだ。仕事が忙しいなかムリして行った甲斐があった。このライブ、毎月やるらしいが、あんな人らってそんなたくさんいる?と他人事ながら心配してしまう。