TOTOといってもトイレじゃないよ

フォーリング・イン・ビトゥイーン

TOTO金沢公演当日。とりあえず新譜を聴いておかなくちゃと昼休みに『フォーリング・イン・ビトゥイーン』(2006/01)を買ってきた。TOTOはデビュー作『宇宙の騎士』と名盤『TOTO IV~聖なる剣』しか聴いたことがなかったんだけど、1曲目がハード・プログレ風だったのでビックリ。ずいぶん変わったもんだ。やっぱりドラマーがジェフ・ポーカロからサイモン・フィリップスに替わるとこうなっちゃうのか。アマゾンのレビューを見ると、まさに賛否両論。まったく別のバンドとして聴いたらすごくいいアルバムだと思うけど、往年のファンは許せないんだろうな。で、聴き込む時間もなくコンサート会場へ。スーツのままだったから浮いちゃうかなと思ってたんだけど、行ってみると同じような人が多くいて笑っちゃった。まあ若い子は来ないよね。席は後ろのほうだったんだけど、空席が目立つ。こういう大物バンドが金沢に来るといつも興行的に大丈夫なんだろうかと、いらぬ心配をしてしまう。さて、開演――ん?なんかメンバーがおかしくない? 人数は6人で合ってるんだけど、ギターが2人いる。キーボードが1人しかいない。事前に調べたところによると、現在のメンバーはボビー・キンボール(ボーカル)、スティーヴ・ルカサー(ギター、ボーカル)、デヴィッド・ペイチ(キーボード、ボーカル)、マイク・ポーカロ(ベース)、サイモン・フィリップス(ドラム)に、新加入のグレッグ・フィリンゲインズ(キーボード、ボーカル)を加えた6人のはずだ。見るところ、キーボードは黒人なので、デヴィッド・ペイチがいなくて、知らないギタリストがいる。そういえば、新譜のライナー・ノーツには、デヴィッドは最近ツアーには参加していないと書かれていたけど、日本公演も来なかったようだ。デヴィッドはオリジナル・メンバーだし、残念に思った人は多いんじゃないだろうか。あと気になったのは、ボビーの立ち位置。TOTOってバンドは専任ボーカルがいるにもかかわらずいろんな人がリードで歌うから、ポジショニングは難しいと思うんだけど、他のメンバーはみんな自分の島みたいな立ち位置があるのに、ボビーにはそれがなくて、島と島の間で遠慮がちに歌っている感じで気の毒に思えた。さておき、演奏はやっぱり素晴らしかった。名曲「ロザーナ」と「アフリカ」も演ってくれたしね。1番盛り上がったのは「ロザーナ」だったんじゃないかな。サイモンはジェフ・ポーカロのイメージを崩さないように控えめに叩いてるんだろうけど、あれでも往年のファンからすれば、金沢弁で言うところの「いじっかしい」プレイなんだろうね。僕はいじっかしいドラムが好きだから、もっとやっちゃえ!って感じだったけど。「アフリカ」は最後の最後に演ったんだけど、リードをとったキーボードのグレッグがヘタクソでいまいち乗れなかった。これはやっぱりデヴィッドに歌ってほしかったな。さて、約2時間の演奏。高い入場料に見合う良いライブだったと思う。まあ、僕はタダだったんだけど。おじさんになってもあんなかっこいいステージができるっていいよね。

神様がくれたチケット

チョー嬉しい。ひょんなことから明日のTOTO金沢公演のチケットをもらえることになったの(詳細はじゅんじゅんのブログで)。ずーっと迷ってたんだよね。ありがとう神様(というか高田夫妻)。でも、でも、でも、新譜をまだ買ってない! ということで、明日の昼休みに買いに行って予習しようと思う。午前中はとりあえず「IV」でも聴いて。

ついに捨てた

昨日は休みだったので、久々に大掃除をしようと思って、朝起き・・・られればよかったのだが、やはりおきたら昼近くだった。会社から何度も電話がかかり、気持ちは超ブルー。せっかくの休みに本当にいやんなっちゃう。気持ちを奮い立たせて大量のダンボール新聞雑誌を持って太陽紙業に行く。もって行っていいんだね、紙。電話したらどうぞ持ってきてくださいって。いやあ、神様仏様太陽紙業様だよ。うちのダンボールだらけの廊下が昨日やっと開通しました。久々に廊下の木目を見たよ。それおおげさか。でも真っ直ぐには通れなかったもんな。体を横にしないと通れないなんて、居住空間としては最低レベルですな。この勢いで床に積んであるCDや雑誌を片付けようと、おしゃれな箱を購入してきてやる気満々だったんだけど、途中でくじけてしまいました。理由は会社の会議の資料作成とヤマヤで買ったレストラン用の業務用水餃子があまりにおいしかったため、やめられないとまらない状態になってしまったから。いやあ、うまいねえ。冷凍水餃子。あれ中華レストランで出てきたら私間違いなく“やっぱり本場はおいしいね”とか言うよ。ちなみにレストラン用ジャンバラヤとレストラン用メキシカンライスというのも購入してみました。案外みんなそんなんなのかもね。まあおいしければいいんだけど、何だかちょっとさみしいな。

思いとどまる

ほしいスネアがある。税込6万5千円。安月給のヒラリーマンには安くない金額だ。でもほしいから思い切って買っちゃおう――なんて思ってたら株価急落。日経平均の下げ幅は今年最大。べつにデイトレードをしてるわけじゃないから、日々の株価に一喜一憂しても意味はないんだけど、気分的に大きな買い物はしづらくなる。もう少し様子を見てみるかな。

& (初回限定盤DVD付)

一青窈の3rdアルバム『』(2005/12)を聴く。シングル曲はすごくいいんだけど、その他はほとんど捨て曲。でもドラムがいい。誰が叩いてるんだろう。ライブではカースケ氏みたいだけど。

転調か変調か知らないが

定例のスタジオ練習。熊崎さんの曲と高西さんの曲を練習した。熊崎さんのは本人から詞が上がってきたのでそれを当てはめて練習。高西さんのは僕がアレンジで変えたところを元に戻して練習。どちらももう少し時間がかかりそう。練習後、ミニケルの「コピバン祭」に駆けつけたんだけど、会う人会う人に、ライブしないのか?なにやってんだ?と。ほんと、なにやってんだろうね。なんかよく分からなくなってきたよ。

千葉の補欠選挙は驚いたことに民主党が勝利。勝ってほしいと思ってたんだけど、まさか勝つとは思わなかった。もちろん小沢氏が代表になったことが大きいんだけど、自民党の武部が国民をバカにしすぎたことも大きいと思う。ポスト小泉や小泉チルドレンを送り込めば選挙民がキャーキャー喜んで票を入れると思ってるんだからどうしようもない。候補者の資質を比べれば自民党側が圧倒的に有利だったのにね。難しいことを言っても選挙民は理解できないと思ったのだろう。小泉政権はずっとこのやり方でやってきた。でも国民は変わりつつある。この選挙結果は、その変化をよく表している。

よく寝る

日中いつも眠くて寝てばかりという話を前書いたのだが、どうも本当に眠くてしょうがない。会社でその話をしたら、「それ病気なんだって」と言われた・・・。どうやら日光を浴びない生活を続けていると体内リズムが狂い起きられなくなるらしい。確かに。日光はほとんど浴びていない。土日もあんまり日中外にいることがないし、平日なんて朝の通勤時間15分以外はずっと室内で窓の無い部屋にいるし、そりゃ体内時計も狂うわな、と。あとは自分を甘やかしすぎてると。いやあ、ちょっと体を休ませすぎた。せめてまたプールに通うようにしようっと。だぶだぶしたお腹がひっこむ頃にはちょうど夏がやってくるはずだ!でも海とか行かないんだけどね。しょっぱいし。

あたらない

サントリーウーロン茶を飲んでiPodを当てるというキャンペーンに、めちゃくちゃ参加(?)している。もういったい何本ウーロン茶を飲んだことだろう。人からもいっぱいシールをもらい、何度もきんとうんレースに参加し、そして負けてきた。そんなのキャンペーンとかっていって本当は誰一人として当たらないんじゃないか、とも思うが、そんなはずもなく、どっかの誰かはきっちり当てているんだろう。色んな選択肢があって、それによって結果が変わるかも!と書いてあるため、私は全ての選択肢のメモをとり「こんなのはだねぇ確率と統計なのだよ」とわかったようなことをまわりのみんなにいいながら、ちまちま挑戦している。買えばいいじゃんってよく言われるのだが、買うほどは欲しくない。当たってなんぼの博打コキです。今日もまた挑戦。当たらないかなあ。

解散はノー・ダウト?

早朝から能登で写真撮影があったので4時半に起床。強く冷たい雨が降る中、漁船に乗って撮影するという過酷な仕事だった。心底冷えた。
ノー・ダウトのボーカル、グウェン・ステファニーのソロ・アルバム『ラヴ、エンジェル、ミュージック、ベイビー』(2004/11)を聴く。ノー・ダウトは日本ではあまり知られていないが、アメリカではとても人気があるバンドで、特にグウェンの人気はすさまじく、このアルバムに収録されている「Hollaback Girl」という曲は、05年の全米チャートを総なめにした。またファッション・リーダーとしても注目され、音楽界のセクシーな女性ランキングみたいなのには必ずといっていいほどランクインしている。さて、ノー・ダウトは僕が最も好きなバンドの1つなんだけど、このアルバムは敬遠して聴いてなかった。だってほら、アルバムのタイトルがこれでしょ、しかも「原宿ガールズ」なんて曲も入ってる。で、恐る恐る聴いてみたんだけど、やっぱり売れただけあって、けっこう良かった。日本語も思ったより自然に入ってたし。でも、僕はやっぱりノー・ダウトが聴きたいんだよね。最後にオリジナル・アルバムが出たのが5年前、ひょっとして解散した?と思っていたら、今年になってベスト・アルバムが出てしまった。こりゃやっぱり解散なのかな。

先日から自分の作った曲の詩を書いてるが・・・書き直して3回目本当に次の練習までに仕上がるのか!?まーなんとしても仕上げるつもりやけど・・・
先週の練習でシンゴの書いた詩にイチャモンつけてしまったが,なんとなく言った後に罪悪感というかなんというか・・・それぞれみんな曲を作るのも詩を書くのも一生懸命やってるのに・・・シンゴにあの詩は他の曲でと言ったが,その曲の為に書いた詩だから他では使う気ないんかなー.難しいなーホント・・・あんまり考えんとこ!ごめんシンゴ(^^;)

公言をはばかる

長期金利が急ピッチで上昇、昨日2%にタッチしたことでどうなるかと思ったが、今日はやや低下。景気回復局面では長期金利の上昇は免れないとはいえ、政府はさぞ慌てていることだろう。なんてったって国債の利払い負担が半端じゃないんだから。企業なんかは株価も上昇してるからまだしも、政府にとってはいますぐ増税ってわけにもいかないし、もしここで小沢民主党に、小泉政権になっていかに借金が増えたか、この長期金利の上昇によってどれだけ赤字が拡大するか、なんてことをつっこまれると、非常に厳しくなる。おそらく自民党は近いうちに国民の目を逸らす何かをするだろう。

パラシューツ

コールドプレイの1stアルバム『パラシューツ』(2000/08)を聴く。いま世界で最も売れているロック・バンドなんだけど、ちゃんと聴いたのははじめて。以前どこかで試聴して、これは好きじゃない、と思ってからずっと「聴かず嫌い」だったんだけど、あらためて聴いてみて、やっぱり好きじゃないと再認識した。いいバンドだし、いい曲だし、いいアルバムだと思うけど、好きじゃないものはしょうがない。でも、レディオヘッドと同様、好きじゃないなんて人前で言うとバカにされる恐れがあるので、あまり公言しないでおこうと思う。
◆公式サイト http://www.coldplay.com/