世界はもう戻れない

明日からまたガソリンが値上がりするそうだが、そんなおり「クーリエ・ジャポン」誌に連載されているポール・クルーグマンのコラムを読んで暗澹たる気分になった。タイトルは「深刻化する資源価格の高騰で世界の未来はどうなる?」だ。クルーグマンは「天然資源の限られた供給は、世界経済の成長に歯止めをかけるだろうか」という問いを考えるために、まず資源高騰の原因と今後の予測として3つの見かたを提示する。1つ目は「投機」が主な原因で、バブルがはじければ資源価格は急落するという見かた。2つ目は需要の急増が原因で、新たな油田が見つかれば供給が追いつくという見かた。そして3つ目は、安価な資源の時代は永久に終わったという見かた。これらに対しクルーグマンは、投機であるならどこかに在庫があるはずだが、それが見当たらないことから1つ目を否定し、中国やインドがこれからも成長を続けることは間違いないが、大規模な油田が発見されることは滅多にないとして2つ目も否定してしまう。

仮に、私たちが本当に地球の限界まで開発し尽くしているとすれば、それは何を意味するのか。

生活水準が上がらないのはともかく、下げるなんてことができるだろうか。自家用車は禁止され、ネオンは消える。サービス産業は縮小し、農家が増える。たぶんそんな長閑な生活はできないだろう。限られた資源を求め、醜い争いが起こるに違いない。まあ、いますぐではないかもしれないが、事態の深刻さとしては、今日のうちにガソリン入れておこーっと――というレヴェルじゃないことはたしかだ。

限界の思考 空虚な時代を生き抜くための社会学

宮台真司、北田暁大『限界の思考 空虚な時代を生き抜くための社会学』(双風舎、05年)を読了。読み終えるのに半年以上かかってしまった。本のデザインが醜悪でなかなか読む気が起こらなかった――というのもあるが、本文479ページのどこを開いても難しい単語がぎっしりとつまっているもんだから、スラスラと読ませてくれなかったのだ。内容については、あとがきで宮台が次のようにまとめている。

本書は、「全体性へのどんな言及もすぐさま部分化されるという、再帰的近代のコミュニケーションを必然的に見舞う強迫的なアイロニズムに抗いつつ、いかに全体性への言及可能性を確保するか」という不可能な課題をめぐる、ロマンチックな対談の記録である。

だけど、対談がはじめからこのような共通認識で行われたわけではない。あくまで事後的に判明した内容だ。つまり、俺たちなんの話をしてるんだろう――と延々しゃべったあとで、あ、こういう話をしてたのか――と。実際のページ数以上に長く感じられたのは、道のりの険しさもさることながら、先が見えず、歩いている意味さえわからない状況だったからだろう。

ヒーローがやってきた

日記も書かずに毎日頭の中は相変わらず畑のことでいっぱい。お母さんにも「あんた、農家にお嫁に行ったら?」といわれるくらいの畑好き。これから暑くなるし紫外線も強いし、農家頭巾は持ってるんだけど見た目がよくないので、大きな大きな麦藁帽子を買おうと思っている。1日少なくとも1時間半くらいはその1畝しかない小さな畑でちまちまと草をむしったり支柱を立てたり、虫をとったりしているのだが、今日、うちの畑にてんとうむしがやってきた!つい昨日ピーマンを植えたんだけど、さっそく沢山のアブラムシがやってきたようで、てんとうむしはそれをねらってどこからかやってきたのだ。ヒーローの登場だ!いけ!やっつけろ!アブラムシノ出す蜜を狙ってアリがてんとうむしの邪魔をするんだけど、てんとうむしはその隙を狙ってアブラムシを食べていく。ほんとに、食べてるんだよ。食べるとは知っていたけれどその現場を見たのは初めてでちょっとびっくりした。バァクゥッって感じで食べるの。で、口からアブラムシの下半身が出てて、ジタバタしてるの。すごいなぁ。そんな現場を目撃するとほんとに時間を忘れて見入ってしまいます。てんとうむしの背中の模様を覚えて、さっきネットで調べたらどうやらヒメカメノコテンゴウというアブラムシを駆除してくれるありがたいてんとうむしの一種だった。なんだかとてもうれしくて、アブラムシ取らずに残してきてしまった。完全無農薬野菜を作る手助けとして、てんとうむしの幼虫を売っているらしい。すごいよねえ。私ももっと大量発生したら買ってこよう。なんといってもうちのかわいい苗にかわいいとまっている図がいい。親ばかだろうか・・・。

あんパンチ1発目いくぞ

福大祭

ライブのサポートをしてほしいと頼まれてオッケーしたが、まさかぬいぐるみを着させられるとは思わなかった――というのは冗談で、仕事で福井大学に行ったら学園祭をやってて、軽音楽部のライブの一発目が着ぐるみバンドだったという話。完全にお笑い系かと思いきや、オリジナルのハードコアで(それはそれで笑える)、楽曲はネタなんだけどおもしろく、演奏もうまくて驚いた。とくにボーカルのパフォーマンスとMCは秀逸で、ネタなんだけどカッコよく、ダラダラせずにテンポよく、んー、やるなと。とても刺激を受けた。

New Wave

アゲインスト・ミーのデビュー・アルバム『New Wave』(07年、日本盤未発売)を聴く。昨年、RollingStone誌で年間9位になったアルバム。聴いてみて驚いたんだけど、名前だけで勝手に女性のソロ・シンガーだと思っていたら、男くさいパンクだった。本人たちは「フォーク・パンク」と自称しているらしい。ストレートな楽曲なんだけど、リズムのアレンジなどおっと思わせるところがあった。でもこの男くささは苦手だなー。
◆公式サイト http://www.againstme.net/

後輩が結婚

28日は会社の後輩の送別会でした。

23歳の女の子なんだけど今年の秋に結婚という事で寿退社。相手は私のお客様です。

出逢いは…その後輩と飲みに行ってて帰る途中たまたまそのお客さんと会い、一緒に飲みに行ったのがきっかけ。

後輩がお客さんの事を気に入った様子だったのでそのお客さんと話している時ににさりげなくアドレス交換する流れに持って行き…後は2人でごはん食べに行ったりしてお付き合いが始まったそうな:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

いいご縁があって良かった良かった♪

いいご縁と言えば昨日、前の会社の後輩も今年結婚するし二次会来てねとメールがきた。楽しみ〜♪

話は戻りますが…送別会の二次会でカラオケのあるスナックに行き、その後輩のリクエストで絢香の『おかえり』を歌った。

初めて歌ったのでたまに歌いまわしがわからないとこもあったけど…やっぱりいい曲だなぁ。
後輩が「この曲聴くと何か泣きそうになる」と言ってたけどホント何か歌ってても気持ちがあたたかくなる曲だと思った。

もっと曲をしっかり覚えて、今度は歌いまわしカンペキにして気持ちよく歌えたらいいな(^-^)


異例ということでいえば

先日、福田首相は導入が検討されているサマータイムについて、「やっていない日本が異例。我が国も制度を入れるべきだとの意見が強くなってきている。特に環境の問題があり、私もサマータイムをやってもいいのではないかと思っている」とコメントしたが、buyobuyo氏のつっこみを読んでハッとさせられた。

確かにOECD加盟国としては夏時間不採用は少数派だね。だけどね、そういう理由で採用するとか言うなら、その前にその他のOECD加盟国としては少数派となっているもっと深刻な事態の解決のほうが先じゃね?
まずは、OECD加盟国としては異例中の異例から是正したらどうか?

で、この「異例中の異例」とは、死刑を指している。OECD加盟国(経済協力開発機構)で死刑を実施しているのは日本とアメリカだけで、しかもアメリカは一部の州でしかやってないから、国をあげてやってるのは日本だけだと。すばらしいツッコミだ。さらに記事では、OECD加盟国での異例ならほかにもあると畳みかける。

  • 貧困率は2位
  • 医師数は27位(30カ国中)
  • 大学進学率は平均以下
  • 学校教育費における公費負担率は最下位(開発途上加盟国のギリシャを除いて)

「異例」ということでいえばまだまだありそうだ。ただ、もちろん、このこととサマータイムを導入すべきかどうかは別問題で、僕は導入すべきなんじゃないかと思っている。理由は、「異例」だから。たとえば、会社の昼休みはたいていどこでも12時から1時だと思うけど、これはみんな同じだというところに合理性がある。だけどこれを理解していない人って案外多くて、うちの会社でもランチタイムをマイペースで30分でも1時間でも平気でズラす人がたくさんいる。外部との交渉がまったくない職場ならともかく、当然電話とかはかかってくるわけで、相手は昼時間が終わるのを待ってかけてくるのに、まだ不在ということになる。サマータイムにかんして日本が「異例」だというなら、これと同じような非効率はあるのではないかと思うのだ。

「明治」という国家〈上〉 (NHKブックス)

司馬遼太郎『「明治」という国家〈上〉』(NHKブックス、94年)を読了(とりあえず上巻のみ)。恥をさらすが、司馬遼太郎の小説を読んだことがない。というより、いわゆる歴史小説というものを読んだことがないのだ。読みたいとは思うんだけど、歴史に詳しくないから、読んでもおもしろくないかなと。本書は司馬がテレビ番組かなんかでしゃべったことをまとめたもの。やっぱり同じ歴史でも、小説家の視点は歴史学者や評論家とかとは違うなと思った。人間中心で、ドラマがあるのだ。で、つぎの文章は、最近の僕の明治ブームを説明してくれた。

明治は、リアリズムの時代でした。それも、透きとおった、格調の高い精神で支えられたリアリズムでした。(中略)そこへゆくと、昭和には(中略)リアリズムがなかったのです。どうみても明治とは、別国の感があり、べつの民族だったのではないかと思えるほどです。(第1章「ブロードウェイの行進)

明治ってなんか違う――というのが僕のイメージ。江戸時代とも違うし、大正・昭和とも違う。もちろん、歴史はつながっているわけで、違うなら違うで動因があるはずだ。しばらくは、それを探っていきたい。歴史小説を読むのはそのあとで。

ドコモかしこも

ドコモが新製品の「906i」「706i」シリーズを発表したが、まったく見るべきところはなかった。いいなと思ったのはWMVファイルに対応したくらいか。家庭の無線LAN経由で光速パケット通信やIP電話ができるという話題の「ホームU」は1機種しか使えないし、そもそも自宅にブロードバンド環境があって無線LANがあるのなら、わざわざケータイでネットをする必要はまったくないし、通話にしてもSkypeでこと足りる。新シリーズというより、05系のマイナー・チェンジと考えたほうがよさそうだ。

Scorpion Tales

ジョージ・リンチのニュー・アルバム『Scorpion Tales』(08年、日本盤未発売)を聴く。ジョージ・リンチといえば僕らの世代には憧れのギター・ヒーローだが、アマゾンにレコメンドされるまで、僕はすっかりその存在を忘れていた。あの人はいま――。いやいや、ジョージ・リンチはちゃんと活動していたのだ。本作はスコーピオンズのトリビュート・アルバムで、オリジナル・アルバムではないんだけど、ギターは全編、ジョージ・リンチが弾き倒している。ゲスト・ボーカルは懐かしのあの人たちが参加――らしいけど、クレジットを見てもクワイエット・ライオットやL.A.ガンズくらいしかわからなかった。まあボーカルは誰でも、ジョージ・リンチのギターが聴ければそれでいいのだ。とはいえ、聴いていたのは10年以上もまえだし、プレイも変わってるかもな――とか思ったんだけど、まったくの杞憂だった。スコーピオンズの王道ロックが、ギター・ソロになるとことごとく脱線する。スリリングなんてもんじゃない。聴きながら何度も笑ってしまった。さすがジョージ・リンチ。ギター・ヒーローは健在だ。

ここまできた食料危機

食料危機が叫ばれている。原油価格の高騰と、バイオ燃料推進による農地の縮小、森林伐採、気候変動、そして新興国の経済成長によるエネルギー需要の増大、食料輸出国による輸出制限――。18世紀、マルサスという経済学者は、著書『人口論』のなかで、人口は幾何級数的に増加するが、生活に必要な物資は算術級数的にしか増加しないため、貧困や飢餓、戦争は避けられないと説いたが、まさにそういう状況がきているのだ。だけど、正直、これまでそういう危機は実感していなかった。スーパーに行って買い物をするわけではないし、出費のほとんどを占める本やCDはいまのところ値上がりしていないから。だけど、今日ようやく、これはやばい状況だと実感した。近江町市場の隅っこに小さな(ほんとに小さな)大判焼き屋があるんだけど、そこが1個70円から80円に値上げしていたのだ。僕は小学校の低学年から水泳を習っていたんだけど、その帰り道、ここで大判焼きを買っていた。高校生になっても、大学生になっても、思い出しては買っていたし、社会人になって職場が近くになってからは、意識的に買うようにしていた。だからもう25年くらい買い続けていることになるわけだけど、これまで値上げした記憶はない。いや、25年前にいくらだったか覚えてないんだけど、40円や50円じゃなかったと思うから、25年間で10円くらいは値上げしていたかもしれない。だけど、店主はもう爺さんだし、いまさら儲けようなんて思ってないだろうから、今回の値上げはやむにやまれぬことだったに違いない。しかも、「近江町名物」なんてこれまでなかった貼り紙まであって、ああ、これが食料危機かと。『クーリエ・ジャポン』誌によると、世界の穀物在庫量は現在、53日分しかないらしい。つまり、世界中のすべての農家が穀物の生産をストップした場合、たった53日間で食べ尽くしてしまうということだ。すでに中南米やアフリカでは暴動も起きている。そしていまのところ、この食料危機を脱するすべは見当たらない。

思考の整理学 (ちくま文庫) (ちくま文庫)

外山 滋比古『思考の整理学』(ちくま学芸文庫、86年)を読了。20年以上もまえの本だが、最近になって本やブログで紹介され、再ブレイク中の名著。僕は大学生のときに買ったんだけど、ずっと読まずに積んであった。いま読まなきゃいつ読むのかと。最近、アイディアの生み出し方とか、効率的な仕事の仕方とか、時間の使い方とか、そういう本がたくさん出ているが、それらの本家だと思ってもらえればいい。考えるとはどういうことか、どうすればいいのか――。もちろん20年以上もまえだから、考える環境やツールはいまとは違うんだけど、考えるということが変わるわけではない。最近の自己啓発本はたくさんありすぎてどれを実践すればいいかわからない――という人は、まず最初にこれを読むべきだろう。ただ、ちょっとした無茶も書いてある。たとえば、夜より朝のほうが頭が働くことについて、「朝飯前」という言葉は朝飯前でもできるほど簡単という意味で使われるが、もともとは朝飯前なら簡単にできるという意味だったのではないか、だから仕事は朝飯前にするのがいい。

英雄的に早起きはできないが、朝のうちに、できることなら、朝飯前になるべくたくさんのことをしてしまいたい。それにはどうしたらいいのか。答は簡単である。
朝食を抜けばいい。

ここを読んだときにひっくり返りそうになったんだけど、続きを読めば、朝食をとるなということではなく、時間を遅らせ、ブランチにすることで、「朝飯前」を長くでき、効率的に仕事ができるということが書いてあって、ほっとした。それでも、朝食は絶対にとらなきゃダメだという現代からすると、問題発言にはちがいない。しかも、ブランチのあとに昼寝をすれば、起きたときは「自分だけの朝」となり、それから晩飯まではまた「朝飯前」になる――とか書いてあるし。休日じゃないと実践できないな、これは。

倦怠期、それとも券売機

定例のスタジオ練習。今日はまあ練習というか遊んだだけ。パートをチェンジして、ジャーンとか、ビヨーンとか、ズダーンとか。僕だけかもしれないけど、ライブはしばらくないし、新曲はできてないしで、やる気が全然出ないのだ。ていうか、音楽にたいしての関心が弱まってるような気がする。なんか刺激的な音楽に出会うとか、内からすんごいインスピレーションが湧き上がるとか、そういうの、ないかなー。

なぜ「話」は通じないのか―コミュニケーションの不自由論

仲正昌樹『なぜ「話」は通じないのか』(晶文社、05年)を読了。仲正が実際に出くわした「話の通じない話」を中心に、イラク戦争での日本人人質事件で巻き起こった「自己責任」論争や、加藤典洋と高橋哲哉との「敗戦後論争」をめぐり、なぜ話が通じないかを説明する。文中に「バカ!」という罵倒が繰り返し出てくるので読むのはしんどかったが、自己責任にかんする問題の整理などは、なにをどう考えればいいのかがわかって、とても参考になった。そのほかにもいいことはたくさん書いてあるんだけど、普通の人が読んだら間違いなく不快な思いをすると思うので、おすすめはできない。

体力のなさを実感

今日はミネぞうのお母さんの引っ越し手伝いに行って来ました。

全部運ぶのは来週なんだけど、今日は荷造りと水回りの物だけ運んだ。

県営住宅の3階から隣の棟の1階に引っ越しするのは思ってた以上に大変だった!

たいして重たくない荷物でもそのちょっとした距離がキツくて…6回くらい往復しただけでバテバテ…。

こんなのでバテてたら来週の引っ越しは大丈夫だろうか…。
家具とかほとんどは引っ越し屋さんがしてくれるだろうけど、軽い荷物でも階段の上り下りが…筋肉痛になりそうだ。


メダルゲームで

080524_1619~0001.jpg今日は貯メダルがあったのでメダルゲームをしに行って来たのですがミネぞうがジャックポットで3011枚当たった!!

そしてすぐに隣でしていた私もまたジャックポット1503枚当たった!

そして何分か後にまたすぐ私がジャックポット1608枚当たった!

ジャックポット3回合わせて6122枚!って言ってもこの枚数を全部もらえるわけじゃないのですが…。

でもしばらく遊んだ後またメダルを預けたら2150枚ありました。

当分これでお金使わずに遊べそう。貧乏な私にはちょうど良かった。

でもまたインドア…。
そしてその後はまた
インドアその2『マンガ喫茶』

今日は3時間パックにしておきました。
マンガ喫茶での3時間はあっという間だなぁ。ミネぞうなんて5冊しか読めなかったらしいし…。