いい音楽ができるサイクル

ここにちょくちょくCDレビューを書いているわけだけど、そのCDってネットからタダでダウンロードしてるの?――と訊かれることがよくある。たぶんよっぽど貧乏か、怪しい人間だと思われているからだろうが、法を犯してレビューを書くようなことは一切していない。CDを買うか、有料ダウンロードか、ごくたまにレンタルか。タダでダウンロードしようと思えばいくらでもできるけど、それをしないのは、法を遵守していることはもちろんだけど、むしろ、アーティストに対して音楽を聴いたことの対価を支払いたいという気持ちがあるからだ。いま音楽ビジネスが大きく変わろうとしている。CDの売上はピークの98年から比べて約半分になり、代わりにiTunesなどのダウンロード販売が急増した。それによってレコード会社やコンサートのあり方も変わろうとしている。そうなるとお金の流れや、著作権のあり方なども変わらざるをえないだろう。そしてそのときには、対価を支払いたいという気持ちがベースになるべきだと思うのだ。たとえば、僕らアマチュアのミュージシャンがライブでプロの曲を演奏し、それを録音・録画してYouTubeなど動画共有サイトにアップすることは違法行為にあたる。演奏すること自体は、ライブハウスが利用料を支払っているので問題ないが、ネットにアップすると違法になる。日本で流通している音楽の98%はJASRACが著作権を管理しているが、JASRACがそういう行為を認めていないからだ。サイト側に勝手に削除されても一切文句は言えないし、訴えられる可能性だってないわけではない。ベイビーバギーでは過去に何曲かプロの曲を演奏したが、それをアップしたことは一度もない。たとえ録画していても、それだけを抜かしてアップしている。こうしているのは、違法だからというより、プロの曲を演奏することの対価を支払うシステムが整備されてない現状において、それを行うことは、アーティストや楽曲に対して失礼だと思うからだ。そのアーティストが、その曲が好きだから演奏するわけだが、それをアップすることは、大げさにいえば裏切りになるのではないか。誤解してほしくないのだが、こう書くのは、なにも違法行為を糾弾したいからでは、けっしてない。アップすることの“正の影響”――たとえば、ネットを見てその曲を知り、CDを買うといったプラス面があることも認める。問題なのは、仕組みが整っていないことだ。たとえばJASRASと同じ音楽著作権管理会社であるイーライセンスやジャパン・ライツ・クリアランスはYouTubeと契約を結び、利用料がアーティストに支払われる仕組みを構築した。これによりアマチュアのアーティストは、合法的にアップすることができる。ただもちろん一律だから、いちおう合法ではないものの、「対価を支払いたいという気持ち」は反映されない。理想的なのはこうだ。僕らは、プロのいい曲を聴かせてもらったから、演奏させてもらったからお金を払い、プロは、それをインセンティブに、また資金源にして、いい曲を作る。これからの音楽ビジネスでは、こういうサイクルが必要なのではないだろうか。

ちょっと落ち着いてください

竹島問題で韓国の反日ナショナリズムが沸騰している。先日、文部科学省が発表した中学校の教育指導要領の解説書の中に、竹島が日本の固有の領土であると受け止められる文言が入っていたことがきっかけだが、多くの日本人は、ここまで騒がれるとは思ってもいなかったのではないか。というか、竹島は日本固有の領土だが、現在は韓国が実効支配しており、領有権を主張している――ということすら知らない人が大半だろう。一方の韓国では、独島(韓国での呼び名)は韓国固有の領土であると徹底的に教育しているため、独島が自国の領土だということを疑う国民はほとんどいない。この差が、この問題における日韓の温度差になっているわけだ。韓国のメディアでは竹島をめぐって戦争になった場合のシュミレーションもはじめたらしい。相手にせずに静観していれば、そのうち静かになるかなとも思うんだけど、これまでそうやってきたから実効支配されちゃったわけで、かといって、まともに相手をするのは大変そう。曖昧なままでいいから、ちょっと落ち着いてくれないだろうか。

インディストラクティブル

ディスターブドの4thアルバム『インデストラクティブル』(08年)を聴く。日本での知名度は低いが、アメリカではいま最も人気のあるバンドといっても過言ではないだろう。なんてったって、このアルバムを含め3作連続、ビルボードの総合アルバムチャートで初登場1位を記録しているのだ。ちなみにこれまで3作連続初登場1位を記録したバンドは、ヴァン・ヘイレン、U2、メタリカ、デイヴ・マシューズ・バンド、ステインド、システム・オブ・ア・ダウンのわずか6バンド。このデータだけでもどれだけ人気があるかわかるだろう。サウンドは純度100パーセントのヘヴィ・メタル。あのオジー・オズボーン暗黒卿をして「メタルの未来」と言わしめたという逸話はあまりにも有名だ。楽曲やアレンジはわりとベタなモダン・ヘヴィネスなんだけど、カリスマ・シンガー――デイヴィッド・ドレイマンの、矢継ぎ早に畳みかける硬質のライムと、激情の咆哮、そしてキャッチーなメロディが、このバンドの圧倒的な存在感になっている。さて本作は、これまでの作品と路線はあまり変わらないのだが、よりストレートになった印象。悪くいえば“普通”になった。でもこれはこっちが慣れてしまったからかもしれない。今作まではいいとしても、次のアルバムでは超キラーソングか、新機軸がなければ飽きられるかもしれない。
◆公式サイト http://www.disturbed1.com/

連絡無精はダメだ

私は人付き合いが嫌いな訳じゃない。

でもすごく電話無精で誘い下手。

飲み会とかでも自分からはあまり誘った事がないかも。好きなんだけどなぁ…。

年賀状に毎年『今年こそ遊ぼうね〜』となかなか会えない友達に書いたりしてるけどなかなか実現しない。

別に社交辞令みたく書いてる訳じゃないんだけど…ホントに会いたい友達がたくさんいる。

でも平日は毎日遅くまで残業だし土日はライブとかバンド関係の予定が多くてなかなか都合つかないし…。

と言ってるうちに何年も会ってない友達がいる。

反省しつつなかなか行動出来ない私ですが……この間ダンナのお母さんが年賀状の枚数をすごく減らしたって話をしていたんだけど…。

表裏ともパソコンとかで直筆メッセージがない人はもう出さない事にするらしい。

それから自分に対して電話なり手紙なり『付き合いを続けたいアピール』みたいなものが感じられない人とは付き合いが切れてもいいわ〜みたいな事を言っていた。
それを聞いてから、自分の無精さを改めて反省した。

このままじゃ大切な友達と疎遠になってしまうんじゃ…。そんなの嫌だよう。

今日も幼なじみの親友が誕生日だったのでメールして『また遊ぼうね』と言ってたんだけど…絶対近々ちゃんと実現させるぞ〜!(^O^)/

そういえば先日、前にいた会社の後輩から結婚式の二次会のお知らせがあった。
久しぶりにみんなと会えるし嬉しいなぁ♪とりあえず、今のお楽しみイベントはこれ。
それから来月、納涼会があって浴衣を着るのも楽しみです。
それから何と言っても一番の楽しみはお盆に広島から来る姪っ子甥っ子達と遊ぶ事です。

楽しい事いっぱい考えて頑張って仕事するぞ〜!o(^▽^)o


自分の目で視るということ

金沢は昨日の集中豪雨で川が氾濫し、局地的に大きな被害が出たわけだけど、昨日の日記にはそのことについてまったく触れなかった。テレビで見る映像は衝撃的だったけれど、僕の生活エリアには影響がなかったし、たとえ近くの出来事だとしても、映像でしか知らないということでは金沢在住だろうがヨハネスブルグ在住だろうが違いのだから、それなのに自然の脅威云々なんて書いたところで嘘臭いと思ったからだ。それなのに今日になって書こうと思ったのは、べつにタイムリーな話題をスルーしたこと言い訳をしたかったからじゃない。この目で視たからだ。川の土手は大きく抉られ、地形が変わっていた。川縁の集落は土色に変色し、土手の一部と化していた。いるはずの人はおらず、重機が黙々と作業していた。災害の規模としては大きいわけじゃないかもしれない。テレビやネットでは、世界中のとんでもない災厄をたびたび目撃する。僕らはそれに慣れてしまった。また地震か、また津波か、またハリケーンか。こうなると、“あれよりはたいしたことない”と思ってしまうのだ。だけどリアルな災害は、その人の、その家の、その町の被害であって、数字やマップで表される規模ではない。被災地を目の当たりにして、そういうことを思い知らされた。

〈宗教化〉する現代思想 (光文社新書 356)

仲正昌樹『〈宗教化〉する現代思想』(光文社新書、08年)を読了。宗教と思想・哲学との違いは、前者が「信じる」ことなのに対し、後者は「問う」ことにあるのだが、思想・哲学は誰かがどこかでこれは真理だと確信し、それを取り巻き連中――なんとか主義者が「信じる」ことで、宗教化してしまう。本書は宗教的な形而上学を排除しようとする思想・哲学が、いつしか宗教化してしまう構造的な問題を探る。キリスト教および思想・哲学史の概説書としても良書。おすすめ。

明治41年

数日前から某SNSに日記を書いている。といっても、ここで書いていることを反復してもしょうがないし、別のことを書くほどネタがあるわけではない。どうせ書くなら全然違うことを――ということで、100年前の日記を書くことにした。いまから100年前の1908年――明治41年。この時代にもしも日記を書いていたら。着想としてはおもしろいと自画自賛し、いざ書きはじめてみたのだけど、すぐに行き詰ってしまった。資料がないのだ。これが30年前とかなら、新聞の縮尺版を見て書けばいいのだろうけど、100年前となると資料がない。読売新聞に「明治の読売新聞」というCD-ROMがあるのだけど、お値段なんと88万円(税別)。明治41年の7月といえば、西園寺内閣から第2次桂内閣に代わり、オスマン帝国で青年トルコ人革命が起こり、アメリカ連邦捜査局(FBI)が設立された。朝日新聞では夏目漱石の『夢十夜』が連載中で、3月に起きた出歯亀事件の公判が世間を賑わしている。その程度しか解らないのだ。だからあとはもう適当に書くしかない。たぶん、そう長くは続かないと思う。

ロシア闇と魂の国家 (文春新書 623) (文春新書 623)

亀山郁夫、佐藤優『ロシア闇と魂の国家』(文春新書、08年)を読了。『カラマーゾフの兄弟』の新訳で注目されたロシア文学者の亀山と、外務事務官としてロシアで暗躍し、「外務省のラスプーチン」と呼ばれた佐藤との対談。ロシアについては一家言あるふたりだけに、とてもハイ・レヴェルなやり取りがなされている。高い知識と教養がなければ内容を理解するのは難しいだろう。僕は5%も理解できなかった。

職人になれる人、なれない人

定例のスタジオ練習。最新の曲から遡って順番に演奏した。思ったのは、最近の曲は出来のバラつきが激しいということ。「捨て曲宣言」をしたのだからしょうがないのかもしれないが、そのわりにたいして量産もできていないし、この調子で作っていってもいいのかと。ある一定のレヴェルの作品を職人的に量産できないというのは、やっぱりスキルがないってことなのだろう。仕事でも同じだけど、クオリティを保つことが最も難しいし、それをできるかどうかが、プロとアマチュアの差なんだと思う。たとえ突発的にプロを凌いだとしても、続かなければプロにはなれない。

野性の証明

DVDで映画『野生の証明』(78年公開作品)を鑑賞。森村誠一の原作を角川が映画化、監督は佐藤純彌、出演は高倉健、薬師丸ひろ子、中野良子など。まったく予備知識なく観たので、かなり驚いた。自衛隊の特殊部隊の訓練シーンからはじまり、ああこういうやつかと思って油断していたら、突然――ほんとに突然、ハードなヴァイオレンス映像が出てきて、と思ったら社会派の展開で、最後は大掛かりな戦闘が繰り広げられる。アンチ自衛隊な内容なのに、戦車とかヘリとかたくさん出てくるから、よく協力してくれたなと思って観ていたんだけど、あとで調べたらやっぱり協力してくれなかったみたいで、アメリカで撮影したらしい。ツッコミどころはたくさんあるんだけど、偉大だった日本映画を象徴する作品として、おすすめ。

いっそのことなかったことにしよう

大分県の教員汚職事件は、連日のように新しいネタが出てきて、もうなにがなんだかよく解らなくなっている。こういうことはどこの教育現場でもやってきたことなんだろうし、本格的に手を突っ込んだら、とんでもない騒ぎになるのではないか。明らかにズルして教員になったけどやっぱりダメな教員もいるだろうが、ズルはしたけど優秀な教員になった人もいるだろうし、ズルしなくてもよかったんだけどコネがあったから念のためにズルをした人もいるだろう。そこらへんの線引きが難しいし、時間的にどこまで遡ればいいかも解らない。ならば、いっそのことなかったことにしたらどうか。たしかにズルはあったけれど、その人はすでに教育現場にいるわけで、教え子もいる。子供たちに慕われている先生もいるだろう。また、正規のルートで入っても、先生失格の人もいるに違いない。つまり、どうやって教員になったかが問題になるのはおかしいのだ。むしろ問題にすべきなのは、いったんズルをして教員になってしまえば、教員として良かろうが悪かろうが、教員でい続けられるというシステムではないだろうか。

プラネット・テラー プレミアム・エディション

DVDで映画『プラネット・テラー』(07年公開作品)を鑑賞。監督はタランティーノの盟友――ロバート・ロドリゲスで、ふたりが「グラインドハウス」というテーマでそれぞれ作品を製作し、架空の予告編4本と合わせて上映された。タランティーノが作ったのはガールズ・カー・アクションで、ロドリゲスが作った本作はスプラッター・ゾンビ・アクション。どちらともどうしようもなくB級だが、最高におもしろい。作品の完成度でいえば、ロドリゲスに軍配が上がるだろうが、タランティーノはそもそも完成度なんて求めちゃいないのだろう。本作の見どころは、まず、笑っちゃうくらいの壮絶なスプラッター。とにかくグチャグチャだから、ビギナーにはツラいかもしれない。あと、随所随所のボケ。劇中ではいたって真剣なんだけど、見ている側からするとツッコミどころが満載なのだ。そこでそれはないだろ!いやそれじゃダメだろ!――みたいな。完全にネタなのはタランティーノも同じなんだけど、ただロドリゲスはそれなりにちゃんとしていて、ゾンビ映画のパロディとしては重要な作品になるだろう。だけど、どっちが面白かったかというと、個人的にはやっぱりタランティーノかな。

やっとエアコンが

今朝、やっとウチに新しいエアコンがつきました。

10年使ったエアコンも限界らしく、温風しか出なかったので今年はずっと扇風機だけで…お風呂上がりは半狂乱で化粧してましたが…今日からは涼しい部屋で寝れるし化粧もちゃんと出来るし良かった。
取り付けに来てくれた電気工事のおじさんが神様のようでした。
めっちゃめちゃ汗だくで暑い中ホント大変だっただろうなぁ…感謝です(^-^)

もう少ししたら今から『金沢夕ぐれ祭り2008』に行って来ます。花火大会も始まるけど…。


コンピュータあらためコンピューター

マイクロソフトがカタカナ語の長音表記を変えるらしい(IT PLUS「「ブラウザ」を「ブラウザー」に・マイクロソフト、カタカナ語の表記を変更」)。これまでは「コンピュータ」や「ブラウザ」だったのが、「コンピューター」や「ブラウザー」になる。マイクロソフトがそうだったからか知らないが、コンピュータあらためコンピューター業界では、長音なしが一般的だった。だけどもちろん、口語ではちゃんと長音ありだったわけで、そこらへんのズレを解消しようということらしい。

長音表記に変更するカタカナ語の例

  • アダプター adapter
  • エクスプローラー explorer
  • コンピューータ computer
  • スキャーナ scanner
  • スクリーンセーバー screensaver
  • ドライバー driver
  • フォルダー folder
  • ブラウザー browser
  • プリンター printer
  • プロバイダー provider
  • モニター monitor

だけど、どうやらすべてがこうなるわけではないらしく、長音なしが慣例化されているものにかんしては、従来どおり長音なしにするのだという。

慣例に基づき変更しないカタカナ語の例

  • アクセラレータ accelerator
  • コネクタ connector
  • コンパイラ compiler
  • プログラマ programmer
  • プロセッサ processor

なんかここらへんの分け方が恣意的なような。さておき、マイクロソフトがこう発表したことで、他のコンピュータあらためコンピューター会社でも、足並みを揃えるのだろうか。僕はなんとなく、長音なしのほうがかっこよくて好きなんだけどなあ。

知の編集工学 (朝日文庫)

松岡正剛『知の編集工学』(朝日文庫、01年)を読了。一般的に「編集」というと、本や雑誌、音楽や映画など、いくつかの素材を取捨選択したり並べたりして作ることだが、松岡の手にかかれば、あれもこれも、なんでも編集になる。生命も編集、生活の編集、仕事も編集、言葉も編集、コミュニケーションも編集。とにかく編集なのだ。で、その「意」をペダントリーいっぱいに語ったのが本書。書かれている内容はとてもおもしろかったし勉強になったんだけど、ここまで「編集」を連呼されると正直、ウザい。そこまで編集という言葉にこだわらなくてもいいんじゃないだろうか。

DRF&お磨き

暑い・・・なんとも暑い日が続き、高西家のクーラーは壊れたままで・・・修理屋も見に来ただけで、その後何の連絡もなし・・・・
どないなってるんや〜〜〜!!もう暑過ぎる〜!

さて、3連休はどうお過ごしだったでしょうか?
僕はもう一コの所属バンド「ミートスティックシェイカーズ」(以下MSS)で、この夏の一大イベント「ドランクロックフェスティバル〜酔参」に参加してきました!

半年前から打ち合わせ、ミーティング、ダーツ大会(?)・・・実行委員会の方々お疲れ様でした。
ホントいっぱいの人が携わって、みんなが作ったお祭りでした。
今回はこのライブタイトルで3回目みたいけど、「のってけハイエース」から数えると8回目とか。
どこかのライブハウスがやってるんじゃなくて、8年も続けて一バンド、その有志者で続けているんだから、大したものだ。

BBも「BB LOVE」を3年連続演ったが…やはり続けるって難しいものなのだ。

MSSでは「前立腺マッサージスペシャル」のVOL. を今年最後(毎年9月で年納め。10月から冬眠)には演るつもりだが……まぁライブの主催になるだけやから、大した事はしない。

周りでもコピバンのイベントを精力的にやってる仲間もいる。大したもんだ。

改めて、本当にDRFの関係者には感謝します。参加出来て良かったです。ありがとうございましたm(_ _)m

みんな良い人ばかりで仲間の輪がまた広がりました。
打ち上げも盛り上がった〜。ビールが最高に美味かった!!また来年も呼ばれたいものだ。

「あっ!あそこを呼ぼう!」

と言われるバンドになりたいものだ。

で、次の日……
祭日の月曜日。朝起きたら二日酔い気味だった。しか〜〜〜し、この日ものんびりしてられん!

信生んとこのお寺で「お磨き」と言うご奉仕に行かなくっちゃ!
毎年この時期に仏具を磨くのだ。今年は異常に暑い!暑過ぎる!

みんなで黙々と磨く……また磨く…笑いながら磨く…アイスを食べながら…メロンも頂き……最後はビールも…しげちゃんで磨く…いやいやしげちゃんでは磨かんやろ〜

ははっ、綺麗になったよ。ピッカピカになったらやり甲斐があるんだね〜今日は筋肉痛。

少しは徳をつめたかな?
来年もこの時期はDRF&お磨きで夏本番に入れたらいいのにね〜

まっ、間違いなく「お磨き」はあるし。ご奉仕ご奉仕o(^-^)o焼肉焼肉…………合掌……
信ちゃんありがとね!