草食動物

今日まで精進料理を食べていたんだけど、私の大に大きな変化があらわれたの。大ってなに?って?大っちゃ大だよ。もちろん、しもの方の話です。ここ1週間いうなれば植物しか食べていなかったわけで、今日トイレに行ってちょいときばった後いつもと違う芳香にありり?と思ったんだよね。なんかねえ臭いは臭いんだけどなんかいつもの臭いと違うの。どこかで嗅いだ匂い・・・そう!動物園の馬とかキリンとか象とかのおりの匂い!草食動物の糞の匂いだ!やっぱり食べ物がかわると匂いも変わるんだねえ。そういえば昔何かで読んだけど本当に100%菜食主義になると大がくさくなくなるらしい。なんか草っぽい匂いになるんだって。残念ながら今日精進明けをしたので試してはみられませんでしたが、今朝はトイレでプチ動物園でした。

お久しぶりです

ずいぶん長い間日記をお休みしてしまいました。ご存知の方も多いのですが、先週うちの長寿のおじいちゃんが亡くなってしまいました。メンバーをはじめ本当に沢山の人たちに迷惑をかけることになってしまって、本当にすいませんでした。心配してくれたみなさん、本当にありがとう。ライブを2件もキャンセルするなんていう荒業までしてしまって・・・。本当にすいません。もう介護も付き添いも心配も何もないので、これからは気持ちを入れ替えて清く正しいロッカーとしてがんばっていきます。この場をお借りしてお詫びとお礼を。
精進中なので毎日こんにゃくやところてんばかり食べているので、さぞ痩せたことだろうと体重を量ると・・・増えていました。なぜ?どうして?考えてみると精進してるから野菜以外食べるものがほとんどないので、ご飯ばかり食べてるんだよね。ご飯と昆布の佃煮とか、なめたけとか、納豆とか。うどんもお稲荷さんなんかもよく食べます。ということで、炭水化物のオンパレードのため肥えてしまったらしい。具のない焼きそばをおかずにご飯食べたりするもん。食事パターンがもうデブタレの皆様と同じです。でも来週には市の健康診断があるし、来月の最初には市の体育大会があるのだよ。まずいのだ。私の今一番欲しいDVDはコアリズムです。目指せクワバタ!

良いニュース、悪いニュース

アメリカ財務省が政府系住宅金融機関のファニーメイとフレディマックを公的管理下に置き、公的資金を投入することを発表した。財務長官のポールソンは「2社は金融市場で非常に大きな存在で、2社の破たんはアメリカ内だけでなく世界的な金融市場の混乱を引き起こす」と説明したが、この2社だけでアメリカの住宅ローン残高12兆ドルの半分近くを保有または保証しているというから、たしかに「大きな存在」だ。アメリカ議会予算局の試算によると、両社に公的資金を投入する場合、合計で最大250億ドルが必要になるのだとか。これが世界経済にとって良いニュースなのか悪いニュースなのかよく解らないんだけど、とりあえず今日の東京株式市場は金融危機が回避されたということで大幅に値を上げた。まあとにかく、うまいことやってほしい。

大相撲のロシア人力士、露鵬と白露山が大麻をやってたとかやってなかったとかの問題で、日本相撲協会は両力士の解雇処分を決め、北の湖理事長は理事長職を辞した。北の湖が辞めるというのは良いニュースだが、解雇処分はちと厳しいのではないか。コカインやヘロインならともかく、マリファナだろ。もちろん違法には変わりないんだけど、これほど大騒ぎするような問題だとは思えない。リンチで殺したとかいうのとはまったく違うのだ。他に騒ぐべきニュースはたくさんあるはず。

300 Lésions

KYOの3rdアルバム『300 Lesions』(04年)を聴く。フランスのロック・バンド。KYOというバンド名は「ケー・ワイ・オー」ではなく、「キョウ」と読む。日本の「ザ・キング・オブ・ファイターズ」というゲームのキャラクター「草薙京」からとったらしい。フランスのバンドなので、歌詞はフランス語。ひょっとしたらフランス語のロックをはじめてかもしれない。1曲目はニュー・メタル風だったんだけど、あとはほとんどウェットなUKロックみたいな感じ。だけどやっぱりお国柄なのか、メロディはメランコリックで、日本盤が出たら日本でも売れるんじゃないかな(追記:今年ベスト・アルバム『ベスト・オブ・KYO』が発売されていた)。僕ら日本人にとってロックは英語で歌われるものだけど、当然、フランス語やドイツ語、イタリア語で歌われるロックもあるわけだ。だけど紹介されないからほどんど知らない。ちょっと意識的に英語以外のロックを探してみたいと思う。

ドラマーじゃなく

定例のスタジオ練習――の日曜日なんだけど、今日は熊崎さんがX-Japan(以後、X)のコピーバンドでライブに出るということで、会場のD.N.A Rock Cafeへ。Xといえば、中学のときに『Blue Blood』というアルバムをカセットテープで買って、「Week End」という曲をクラシックギターで練習した思い出がある。まだエレキギターを買う前だ。このアルバムは繰り返し聴いたけど、その後、エレキギターを買ってから洋楽に傾倒していったから、その後はまったく聴いていない。だから、ライブでは知らない曲もたくさんあったんだけど、思ったより曲が良くて驚いた。演奏は、まあ、アレだったけど、企画物だからじゅうぶんだろう。お客さんも盛り上がってたし、いいライブだった。で、途中ずっと考えていたのは、どうして僕以外のメンバーは企画物に声がかかるのに、僕は誘われないのか――ということだ。もちろん、技術的にマズいというのはあるだろう。難しいことはできないし、足手まといになるのがオチだ。だけど、理由はそんなことじゃない。プレイヤーとして認識されていないのではないか。熊崎さんはベイビーバギーのギタリストだし、高西夫妻はボーカリスト、島田さんはベーシストだけど、僕はたぶん、ドラマーじゃなくて、ブロガーなのだ。だから、なんか企画が立ち上がって、ドラマーは誰にしようか――となったときに、候補に挙がらない。だけどもし、金沢の音楽界で、ブロガーのオフ会をしよう――という企画があったら、呼ばれるのではないか。きっとそうだ。そうに違いない。

ブルータス、おまえもか

麻生に、小池に、与謝野に、石原に、山本に、棚橋に、石破に――って、いくらなんでも出すぎじゃないかと。たぶん、できるだけたくさんでやろうという党内のコンセンサスができているのだろう。民主党の代表選は水面下で静かに行われた。自民党はこれからテレビで大々的に繰り広げられる。アメリカ民主党の指名争いを思い出すまでもない。どちらに注目が集まるかは火を見るより明らかだ。これで自民党の支持率は一気に上がるだろう。で、そのタイミングで解散総選挙だ。すばらしいシナリオじゃないか。残念ながら――本当に残念ながら、民主党は今回も政権を獲れないと予想する。

狙撃

自転車で帰宅途中、パンッという乾いた音が暗闇に響き渡ったので、撃たれた!と思ったら自転車のタイヤが破裂した音だった。タイヤがパンクしたことなら何度もあるが、乗っているときに破裂したのははじめて。なんかいいことがあるかもしれない(たぶんない)。

朝日新聞社の『論座』に続いて講談社の『現代』までも休刊だそうだ。どちらもたまに買っていたから寂しいが、そんなことより、ただでさえ少ない総合月刊誌がなくなっていくことがなにより寂しい。そのうち『世界』も『諸君!』もなくなって、最後は『文芸春秋』がなくなり、ジ・エンド。

ブラウザを超えたブラウザ

Googleからリリースされたばかりのウェブ・ブラウザ「Chrome」を使ってみて、久しぶりに衝撃を受けた。いくら新しいブラウザとはいえ、しょせんはブラウザ。シンプルで速い――くらいのものだと思っていたんだけど、とんでもない。桁違いに速いのだ。いままでウェブが遅いのは、トロいサーバーと貧弱な回線のせいだと思っていたけど、まさかブラウザのせいだったとは。まだ機能が少ないから完全に乗り換えるわけにはいかないけど、IEは使う気がしなくなった。Googleおそるべし。いったいあとどれだけ隠し玉を持っているだ?

やめます、は、やめます

いったいどうなっているのやら。福田首相が突然の辞意表明。どうやら日本の首相は、突然辞めることが慣例になったようだ。これまでは解散総選挙の予想だけだったけど、これからは首相辞任のタイミングも予想しなくちゃいけないから、政局を読むのは相当ややこしくなるだろう。会見では、このままでは国会運営がうまくいかないから、態勢を立て直すために辞める――みたいなことを言っていただけど、せっかく立て直してもどうせまた次の首相も突然辞めるのなら、いまのままでもいいような気がする。まあ、明日になって、やっぱり撤回します――とか言い出しかねないけどね。