MISIAライブ!!

今日2/28は今年最初のお楽しみ!「THE TOUR OF MISIA DISCO THE QUE ASIA」産業展示館4号館で!
去年も行ったんだけど今年もずっと楽しみにしてた。

僕のプロフィールにも書いてあるが、ハードロックバンドやら変態バンドやら演ってるが、一番好きな女性ヴォーカルは、MISIAなのだ!!

一応僕もアマチュアバンドでヴォーカルをしてる。上手いヴォーカルより良いヴォーカルになりたいとは思っている。(上手くない言い訳とも言えるが…)
人のライブを見ててもそういった見方をしてしまう。後、オリジナル曲と聞くと「どんなメロ?どんな歌詞?」とかって見方をしちゃうね。
しかし、MISIAくらい歌唱力がずば抜けてると、変な見方はしない。したくない。純粋に感動する。小細工はいらないんだ。素晴らしかった。
あんなに華奢なのに!

もっと聴きたかったなぁ。また来年行こっと。もっと前の席取りたいわ。

新しいアルバムは家にあるが、車のCDが壊れてるのでほとんど聴けてない。
……聴きたくなった!カーステ安いの買おうかな〜…。

しかしMISIAの「か」の発音が良い!単語の最初が「か」の単語の発音、発生が僕のツボなんです。

分かる人には分かると思います。
ひとみもあんなの歌って欲しいと思いますわ。バラード歌わすとなかなかイケるんですがね〜

今演ってる、別のユニットもライブはまだまだしないみたいだし…。大体演るんか?はよ演れや〜!!

いやー、歌上手いって凄いなぁ〜。生まれ持った才能だよね〜。ウチのオヤジはメチャメチャ音痴だから遺伝あるよね〜・・・オヤジのせいやっ!


MISIA最高♪

今、MISIAのライブ観て来ました。

駐車場が大渋滞でなかなか出られなかった…。

MISIA、楽しくていいライブでした。

誰のライブも結構そうなんだけどやっぱり昔の曲の方が盛り上がるね〜。

「つつみ込むように」なんて特に、みんなキャーッ!ってなってたし。

でもうちらの近くの人達がテンション低めで何だか盛り上がりきれない感じで不完全燃焼でした。

「INTO THE LIGHT」始まった時にたくさんのキラキラなテープがパーン!!って落ちてきた時すごく感動したなぁ。

バラードも全部良かった〜!
当たり前なんだけど、MISIAホント歌上手すぎる。

あの歌唱力、欲しいなぁ。

うっ……車でケータイみてたら酔ってきた…。

今から焼き鳥食べて来まーす♪


ドラマにムチュー

最近ちょっと別口でお手伝いしている仕事があまりに忙しくてキリキリ舞い(なつかしい言葉)だ。それなのになぜだかテレビドラマを必ず見てしまう。そして仕事をスタートするのは夜11時・・・。そして終了は3時。でも起きるのも相当遅いので結構大丈夫なんだけど、今日こそは!今日こそはドラマ見ないぞ!と思うのになぜか見てしまう。これはなんだろう。誰かの陰謀か!テレビ局が私を陥れようとしているに違いない。まずは水嶋ヒロを刺客として送り込んできた。これはいかん。ただ、執事好きの私は最初本当にドキドキしながら見てたんだけど、最近は執事っぽいところがちっともなくなってきて、ちょっと冷め気味だ。執事好きといっても執事が好きなんじゃなくて、執事になりたいのだ。JYOWSのオザキ様が好きなのも、好きというかオザキ様になりたいのだ。まあ、あの顔で女子だとこの先どれだけひとみ母さんが祈ってくれても幸せはまわってこないに違いないので、せめて雰囲気とプレイはオザキ様になりたいのだ。「っぽいよね~」って人から言われたい。まあそんなこといっても、ドラマ見る前に練習しないとそれこそそんな日はまわってこないに違いないんだけど。話が相当ずれてしまったが、私は結局毎日ドラマを見ている。

追いつめられて

大殺界も終わり今年からはいい年になると聞き『今年はツイてる!』と思い込みながら過ごしていました。

でも今のところ、残念ながら…。

ここ何年かの中で精神的に一番追いつめられています。

色々な事に悩みすぎて頭がおかしくなってきた。

色々な“ある事”に対して自分がどうすればいいのかわからなくなっています。

悩みのひとつに子供の事があるのですが…
いつだったか、私がバンドをしているのを知っているあるお客さんから突然「子供は諦めてるの?いい歳して子供も作らんとバンドなんてやってる場合じゃないと思うけど」と呆れた顔で真面目にお説教された時も何とも言えない嫌な気持ちになりました…。

この時、その部屋に何人かいてみんなシーンと聞いてたので何だか余計に嫌でした。

急いでいる時に話しかけられたのもあったので「いえいえ、諦めてないですよ〜。」と軽く流してその場を去ったけど。その後、下がったテンションを戻すのが結構大変だった。

……何だか愚痴っぽいイヤな日記になってきた。

イカンイカン!!精神的にかなり病んできてる感じなのでもう寝ようっと。

たとえ作り笑いでも笑顔でいるのは大事だと聞いた事あるし、明日も笑顔で頑張ります。


もしも Google が死んでしまったら

夜、Gmail がダウンして仕事にならなかった。2時間ほどだろうか、ここまで大規模な障害ははじめてだと思う。もしも Google が死んでしまったらどうなるのだろう――と考えるには、じゅうぶんすぎる時間だった。とはいえ、死んでしまうリスクは Google だろうがなんだろうがあるわけで、どれを選んでも同じだ。だから、データをローカルのハードディスクにコピーするなり、他のサービスに飛ばすなりしなければいけないわけだけど、これがあんがい面倒くさい。まあ、Google が死んだら共倒れでもいいか。

デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]

理想と現実――なんて使い古された二項対立を持ち出さなきゃいけないほど、バンド界は戯画化している。それを本当に戯画化し、映像化までしてしまったのが映画『デトロイト・メタル・シティ』(08年)だ。僕がしたかったのは、こんなバンドじゃない――。主人公の青年はおしゃれな渋谷系アーティストを目指して上京したが、気がつけばカリスマ的人気を誇る悪魔系メタル・バンドのボーカルになっていた。バンドをやったことがある人であれば、この主人公の叫びは共感できるだろう。だけど僕らアマチュア・バンドが決定的に違うのは、理想のバンドだろうが現実のバンドだろうがいずれにせよダメだという現実を認めなければいけないことだ。この映画は一見、たとえ自分の意に反することでも最終的に目的を達成できるならオッケー――と伝えているようだが、そうじゃない。僕らの選択は世の中的には誤差でしかないのだから。僕らが感情移入すべきなのは主人公ではなく、主人公を神――じゃなくて悪魔か――と崇めるファンにほかならない。すなわちこの映画が伝えるのは、すべてをカリスマに託せ――これである。エンターテイメント作品としてはまったくおもしろくないが(原作はおもしろいのだが、それをまんま映画化するのはムリがある)、なかなか考えさせられた。また作中歌「SATSUGAI」は珠玉の名曲。

映画『少年メリケンサック』を観た

給料日前、最後の休日という事でお財布が寂しく…昼間は家に引きこもっていました。

夜、バンドの練習だけの為に化粧をするのも何だか寂しいと思い映画を観に行った。

2人ともポイントがたまっていたので無料で観れるという事で…。

宮崎あおい主演の『少年メリケンサック』を観た。

予告を観てバカバカしそうだけど結構面白そうかも。と思ってたんですが…期待していたよりは…って感じでした。

似たような系統でいうと松山ケンイチの『デトロイト メタル シティ』の方が好き。

夜はバンド練習。
前半は『インディーズバトル北陸』の話をしたりして後半は初期の曲から15曲ぐらい連続で練習。

私のように半分クチパクみたいのでも結構疲れたけど、演奏も大変だったろうなぁ。

話は変わりますが先日の福井ライブの日はミネぞうとの付き合い記念日でした。
記念日はいつもお祝いがてら食事しに行ってたのですが12年目の今年は初めてお祝いしなかった。
まあ、一緒に越前そば食べたしいいか。
それにしても12年ってホントあっという間だったなぁ。

一緒に居てこんなに気をつかわない人は他に居ないと思います。

今から、別の人と新しく付き合い始めるなんて考えられない(←っていうかそんな心配しなくていいし)

それにしてもミネぞうのイビキはひどすぎる。
毎日ホント我慢できない…。
今日もこれから大丈夫だろうか…先に寝なければ。


ベイビーバギーの方向性について悩む

定例のスタジオ練習。ライブも終わったことだし、今日はおさらいで初期の曲を続けて演奏した。ライブではずっと演っていない曲も多く、みんななんかかんか忘れている。ボーカルは忘れても歌詞を見ればいいが、演奏隊に関してはまともな音源もちゃんとした楽譜もないため、完全に忘れてしまったらどうしようもない。さて、初期の曲を演奏すると、最近の曲とは違うなあと思うんだけど、はたしてこの方向性でいいのだろうか――と思わなくもない。これでいくんだ!と吹っ切れたとしても、時間が経つとまた悩む。まあ、バンドなんてそんなものだろうけど。

リズム&ドラム・マガジン (Rhythm & Drums magazine) 2009年 3月号 [雑誌]

ドラムマガジン3月号』の特集は先日亡くなった樋口宗孝の「追悼大特集」。これを読んでひぐっつぁんを偲ぼう――と思ったんだけど、ページをめくるだけで胸が苦しくなり、まったく読める状態じゃなかった。自分でもまさかこんな感じになるとは思っていなくて驚いた。追悼するにはまだしばらく時間がかかりそう。ラウドネスはひぐっつぁんの昔の音源を使って新しいアルバムを作っているようだけど、それが出たら解散するんじゃないかな。高崎晃のブログを読んでいると、ああもうダメなんだなってことがひしひしと伝わってくる。残念だけど、しょうがない。

ドッペルゲンガー

もうこんなに日が経ってしまって書くに書けない感じなので、一言だけ。福井のライブ超楽しかった。
いや、もうひとつ書かなくてはいけない。福井でお兄ちゃんに会いました。もちろん本当のじゃないけど。なんかねえ、そっくりなの、私に。今まで人に「あの人恭子ちゃんに似てる!」って言われても「そうかぁ~?」って感じだったけど、福井での出会いは私的には結構衝撃でした。あり?あの人私に超似てない?って。で、背のでかい女の人だなぁと思ってたら、しゃべったら男の人で。ショック!いや、勝手にショックなんだけどさ。でもなんかねえ、親近感を覚えるというか落ち着くというか、人柄は知らなくても顔が同じってそれだけでそういう身内気分になるもんなんだねえ。まあ向こうはそうでもないでしょうが。キャラや雰囲気が似てる人は結構いるけど、造形が似てる人って、いそうでいないんだよね。しかもノーメイクの時の私に似ていたので、本物です。ほんとのお兄ちゃんならいいのに。小さいときからずっとおにいちゃんが欲しかったんだよね。
突然ですが、私は奥田民生が好きです。顔も好きですが、なんといってもあの声が好きだし歌っている姿が好きです。うまいか下手かはちっともわかりませんが、高校生の時から好きなのです。なんというか色気があります。ぐっとくるんだよね。そう、そういえば私の好きなタイプはいつもバラバラで統一性がないと思っていたんですが、最近の私の好きな芸能人は、所ジョージ、金城武、リリーフランキー、そして奥田民生と結構統一されていることに気がつきました。だからどうなんだ!とね。おちも特にはありませんがね。

結婚式の余興

友達の結婚式まであと1ヶ月。

披露宴で歌う曲が決まらない。

この間カラオケに行った時に色々考えながら歌ってたんだけど…めちゃめちゃベタな曲しか浮かばない。

MISIA『Everything』
ドリカム『未来予想図』

ベタすぎる。
特にドリカム。

『昔からの十八番です』
みたいな感じだしなぁ…。

かといっていい曲でも知名度低いのだと聴いてても退屈しそうだし。

ホントはSuperflyの『愛をこめて花束を』を歌いたいなと思ってたりもしたんだけど…この曲、難しすぎる。

Cメロも大変な事になってて歌いこなせないし最後転調した後のサビ繰り返しもキツイ。

歌っててもつらいけど聴いてる方はもっと耳障りだろうなぁって感じです。

あと選曲で考えてしまうのは、
出来れば間奏が長めだと嫌だなぁとか。
曲も5分超えないくらいのがいいなぁとか。

花嫁さんからリクエストがあれば一番嬉しいんだけど。

何にしよう…

やっぱり『一人カラオケ』でじっくり研究して来なきゃね。


楽しいライブだった!

みんなも書いてますが,今年初のライブを武生の「INTRO」さんでしてきました.

完全にアウェイなのでみんな何かと心配(?)してましたが,個人的には久しぶりに会うMAKE ONES MARKさんの
お誘いだし楽しみにしていました.
着いたら予想に反してこじんまりとしたライブハウスでしたが,中に入るとガラッと変わりいい雰囲気!2階席もあり楽しそう♪
のっちさんに「お客さん近いよ」と言われて普段なら緊張しそうだけど,アウェイだからか余計に楽しみになっていました.

開店すると続々とお客さんも入り,すぐにいっぱいに!しかもみんなどのバンドもちゃんと見てくれている.お目当てのバンドが終わったら帰っちゃうんじゃなくて,このイベントを盛り上げようって気落ちが伝わってくるライブでした.これだけのお客さんやバンドを集めて企画をするって難しいんだよね~さすがって感じでした.しかも打ち上げでは出演バンドみんなに料理まで!本当にお世話になって楽しませていただきました.感謝感謝です.

MAKE ONES MARKさんとは数年前金沢で何度か対バンしてお世話になってるし,今度はウチが企画して金沢で一緒にライブしたいと思います.簡単ではないけど,今後ウチが企画して色んなイベントを造れるバンドに成長していけるようにと思いました.