パクリ、パロディ、引用、オマージュ、翻案、本歌取り、盗作

先行作品があって、それを別の作品が何らかの形で取り込んだ場合、パクリなのかパロディなのか、引用なのか盗作なのか、それをどう解釈するかは難しい問題なのだが、まず最初に確認すべきなのは、受け手が先行作品を知っているかどうかだろう。もちろん受け手となりうるすべての人が知っていなければいけないとはいわないが、ほとんど人が知っていなければ、たとえそれがパロディであっても、パクリだと指摘されてもしかたない。つまり作り手がどういうつもりで作ったかは問題ではなく、受け手がどういうものとして受けたかが問題なのだ。

マンハッタン殺人ミステリー [DVD]

映画『マンハッタン殺人ミステリー』(93年、アメリカ)に出てくる鏡を使ったシーンはオーソン・ウェルズの『上海から来た女』(47年)からの引用らしいが、僕はこの先行作品を見ていないので、言われなければわからない。だけど『上海~』は名作だし、ウディ・アレンの映画を見るような人であればほとんどこのシーンでニヤリとするのだろう。だけど、ウディ・アレンのこの作品のシーンを、ウディ・アレンて誰?――という受け手が見るような作品に取り込んだとしたら、誰もニヤリとはしないはずだ。先日、ケラリーノ・サンドロヴィッチの『おいしい殺し方 A Delicious Way to Kill』(06年)をおすすめしたが、その時点ではまさか、ウディ・アレンの本作を大々的に引用しているとは思いもしなかった。見ていなかったからだ。で、たまたま本作を見て、あ、引用だったのかと。知らないままだったらよかったんだけど、後からこういう形で知ってしまって、なんだか興ざめしてしまった。

運命とはなんだろう

運命とはなんだろう――大学生のときにちょっとした論文を書いた。いま思えばずいぶん青臭いものだが、内容はこんな感じだった。現時点で私が選びうる選択肢はいくつもあり、その枝分かれした先にはさらにいくつもの選択肢がある。このようにツリー状に広がった可能性は無限であり、現時点から未来を予測することは不可能だ。しかし、現時点から過去を振り返ってみれば、私が歩いてきた道は唯一であり、その他の無限の選択肢は存在しなかったに等しい。これは偶然といえば偶然だが、必然といえば必然だろう。このような状態を運命と呼ぶのである――。だからどうした?と言いたくなる内容だが、人生において、こんなベタなことが輝く瞬間があるということは、誰しも体験したことがあるのではないだろうか。

スラムドッグ$ミリオネア [DVD]

映画『スラムドッグ$ミリオネア』(08年、イギリス)は、運命についての物語だ。インドの人気テレビ番組『クイズ$ミリオネア』に出演したスラム出身の主人公・ジャマールは、難問の数々をクリアし、ついに最終問題までたどりついた。しかし、まったくの無学であるはずの彼が正解できるのはおかしいと不正の疑惑をかけられてしまう。彼が答えを知っているのはなぜなのか。ジャマールは、自らの生い立ちを語りはじめた――。監督はダニー・ボイル、出演はデーヴ・パテール、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピントーなど。第81回アカデミー賞で作品賞を含む8部門を受賞したほか、数多くの映画賞を受賞した作品。ストーリーだけを見るとクイズ番組のインチキを暴くようなものを想像するかもしれないが、これはラブストーリーであり、ロードムービーであり、社会派ドラマでもあり、そしてなにより運命を描いた作品である。この映画に対してご都合主義だと批判している人がいるが、笑止千万、まったく理解していない。そのご都合主義こそがこの作品のキモなのだ。運命というベタな言葉が輝く瞬間。エンドロールの素晴らしさは、個人的にオールタイムベスト。大傑作。おすすめ。

あなた方に言われたくない

鳩山首相は所信表明演説に対する代表質問において、谷垣自民党総裁からのツッコミに対して「あなた方に言われたくない」と切り返した。この言葉はいまの民主党のスタンスをよく表している。財源はどうするのか――自民党は選挙前から民主党のマニフェストにそう疑問を投げかけていた。行政のムダを洗い出せば財源は確保できるという話だったわけだが、フタを開ければやっぱり難しい。自民党にしてみれば、そら見たことか!というところだろう。谷垣総裁は「破綻のシナリオ」と表現した。だけど民主党にしてみれば、こんな状況にしたのは「あなた方」だろうという思いがある。僕らはこの状態をどう見ればいいだろうか。

以前「マニフェストの罠」ということを書いた記憶があるのだけど、この状態はまさにこう呼ぶのがふさわしい。鳩山首相は「(公約は)国民との契約であり必ず実現する」とし、達成できなかったときには「政治家の責任を取る」と明言した。そう言うのであれば当然、自民党は公約が実行されたかどうかをチェックし、不一致があればツッコミを入れるだろう。だけど、僕はすごく違和感を感じる。たしかに先の選挙では民主党に票を入れたけれど、マニフェストの実現を契約した覚えはないからだ。マニフェストには多くのことが書かれていた。国民はそれを読んだうえで民主党に政権を任せたわけだが、そこに書かれていた項目を1つひとつチェックし、すべてに丸を付けたわけじゃない。たとえば公約に書かれていた八ツ場ダムの中止が実行されなかったからといって鳩山首相が辞職すると言ったとしたら、民主党に投票した多くの人は、いや、べつにそれで辞めなくても――と思うだろう。とにかくマニフェストを実現することがミッションだと思っているのだとしたら、それを「マニフェスト原理主義」と呼びたい。僕らはマニフェストを実現してほしいわけではないのだ。日本を良くするためであれば、公約で謳われたことが実行されなくても、国民は――すくなくとも僕は、まったく構わない。だからそろそろ、マニフェストがどうのこうのという話はやめたらどうだろうか。

カムバックおばあちゃん

内職のおばあちゃんが検査入院してしまった。おばあちゃんは90歳近いので当たり前といえば当たり前なんだが、繊維業界ではまだ内職さんのお世話になることが多いので本当に困ってしまう。今どきのお年寄りは年金も結構でるし金はあるけど暇だっていう感じの人が多くて、お金の高い低いよりも社会とつながっていられる、必要とされ仕事ができる、ということに魅力を感じるようだ。内職に高いお金を払うことができない私達みたいな零細企業にとってはほんと、神様みたいなもんだ。おばあちゃんは仕事がなくなり暇になると携帯から電話をかけてくる。早く仕事よこせと。ほんと、神様みたいなもんだ。来週から頼みたいことが沢山あるんだから早く帰ってきて欲しい。

週末長野の方にでかけることになっている。ちょっと気が重い。休日はできればゆっくり過ごしたいので、出かけるのがおっくうなのだ。ほんと、歳をとったせいかしら。昔は週末毎に遠くにでかけるのを楽しみにしてたのに。長野は美味しい食べ物あるのかしら。寒いイメージと、野沢菜とりんごのイメージしかない。あと松本城か。どんなところかしら。とにかく厚着をしていこうと思っている。こんなこと書いてると長野県民を敵にまわしそうだ。長野のいいとこ見つけてきます。

保険金焼肉

今日は家族で保険金焼肉に行ってきました。なんのこっちゃ?と思う人も多いでしょうが、とにかくひとみさんのおかげだということです。ひとみさんのおかげで家族で焼肉です。ありがたいことです。いい人だしかわいいしね。うらやましい。色白だし。肌が綺麗だし。ああ、うらやましい。

ところで夜中にNHKでやっている経済学の番組を知っているだろうか?『出社が楽しい経済学』だ。小さな商社ZENYの営業企画部で起こる様々な問題に関連付けて経済学のキーワードの説明をする番組で、コントのようなストーリー展開に親近感が持てる。家業をやろうと思ってから、経営者になるには経済学も必要だ!とばかり5冊ほど経済学の本も買ったけれど、結局1冊も、というか10ページも読めず。経済学って聞いただけでウヘェってなる私だが、その番組はとてもわかりやすいし楽しいので時間があえば見るようにしている。前回は「ヴェブレン効果」前々回は「コミットメント」。単体で聞いてへぇって思っていても、いつか何かの際にまとまって判断の糧になる気がする。多分毎週木曜の夜11時からのはず。27日と28日深夜に前のものをまとめて放送するらしいので経済学を学びたい経済学嫌いの人は(すごい限定されてるけど)是非見てみたらどうだろう。

東本願寺

週末お骨収めに京都の東本願寺に行ってきました。大きいし本当に立派で、ちょっと感動しました。昔の人はすごいねえ。あれをクレーン車とかなしで作るんだから。どうやったらそんなことができるのか、本当に不思議です。お骨収めには全国から沢山の人たちが来ていました。みんながお堂に集まったところで県名と名前を呼ばれるのですが、本当にびっくりするくらい石川県が多い。会場からも「また石川県か!」という声があちこちから聞かれました。さすが真宗王国ですねえ。宗教っていうのは本当に難しいもので、積極的に信じる人には心のよりどころだろうし、信じていない人にはただお金ばっかりとられるっていう感覚もあるようです。まあ確かに沢山のお金を払って小さい小さい桐箱に入ったお骨をお寺にちょこっとおいてもらうってのは納得いかないような気もします。ただ昨日思ったのは、こんな時代で、家が存続するかどうかもわからず、遠くのお墓には参る人もおらず、アパートで仏壇も置かず・・・ってなった時に、あんな立派なお寺にお骨を置いてもらえれば、毎日お経をあげてもらって供養してもらえるってことで、それはかなり安心感があるなあと。宗教的にはほんとだめな考えなんだろうけど、そう思えば高くないかもしれない・・・と思ってしまいました。ほんと、家族や家ってもののあり方が変わってきていて、町のお寺さんもなかなか存続が難しいですしねえ。お寺だけではなかなか食べていけないことも多いようです。まあ色んなお寺があるんだろうけど。難しいですねえ。

今どきのスポーツウエア事情

行ってきました、展示会!大阪にあるビルの指定の階でエレベータを降りると、どこか小洒落たスーツ姿の若い男女が名刺の入ったパスを首から下げてわんさか立っている。「いらっしゃいませ。」と品良く沢山の人が声を掛けてくれる。担当の人がぐるっと1時間くらいかけて全部説明しながら会場内をまわってくれるのだが、いやぁおどろいた。今スポーツウェアは重ね着の時代なんだってね。まったくスポーツをしていないので、当然スポーツウェアなんてものにも全然縁が無かったのだが、今のスポーツウェアはまるで普通の洋服のようだ。レギンスの上に超ミニスカートをはいてランニングをしようなんて人、3年前にはいなかったと思う。今のランニングウェアはセクシーウエアでセクシーランニングっていうコンセプトなんだって。へぇぇぇって感じでした。あとねえ、水着がねえ、袖があるの。まあ主に泳ぐというよりはアクアビクスや水中ランニングをする人が着るらしいんだけど、腕を出したくない人用なんだって。あと、どうしてもお付き合いで水に入らなくてはいけないけどやけたくない人が、日が差し込む屋内プールや海なんかで着るために、なんと長袖長ズボンの水着ってのもありました。あれだよ、スポーツ選手が着ているスピード社の水着みたいにピチッとしたやつじゃないよ。普通のジャージのようで、上着はジッパーでポケットもあって、下なんてロールアップして7部丈にもなります、ってほんともう普通のアウターと同じです。ダブダブなの。でも水に入ってもふらふらまとわりつかないんだって。いやあ時代は進んでいます。時代に置いてかれないようにしないと!と思った一日でした。

きれいにスマートに

昨日世界に1台だけの、うちの新しい印字マシーンがやってきた。お値段約280万円なり。大きさは20cmX50cmX40cmくらいのもので、洗濯絵表示を印刷することができる。安いのか高いのかはわからないがうちのこれからのホープになってもらわなくてはいけない。今日はその機械をセッティングするために事務所の中を大移動。機械だけでなくて、パソコンと超音波の機械も置かなくてはいけないので、結局なんだかんだとものすごく模様替えをすることになった。で、模様替えついでにいらないものをどんどんと捨てていくと出てくるわ出てくるわ。昭和48年の納品書とか・・・。いらんやろ!と思いながらも捨てづらい。ちょっと昔の歴史が垣間見えたりして。とにかくすこし事務所がきれいになってよかった。捨てられない人や整理できない人は仕事が出来ない人だってよくいう。確かに。捨てられず整理もできない私は結局細かい仕事も後回しにしてつもりつもらせてそれで苦しめられるという悪循環だ。こないだ教育テレビで見たけど、10分未満で終わりそうな仕事が急に入ったときは、それが急ぎの仕事でなくても時間がかかる今している仕事を中断してそちらを先にこなしてしまうのがいいらしい。そうすると結局その後今やってる仕事にも集中できるし、細かい仕事が残ることもない、と。確かに。ただその頭の切り替えが非常に苦手だ。で、色々やりかけてそのままにして電話がかかってきて・・・、とかってなっていたるところにやりかけの仕事が散乱することになる。せっかく仕事場がきれいになったんだから、これを機会に仕事もスマートにこなしたい。

Access

久々にAccessでデータベースを作成中だ。わからないことだらけなので、ネットのしかるべきサイトで質問すると15分ほどですぐに返事が返ってくる。よくわからずに質問してくるやからに優しく無料で返答してやろうという心優しき人が沢山いることにちょっとした衝撃を覚える。なんてレスポンスが早いんだ。ものすごいありがたい反面、この人達はどんだけサイトをこまめにチェックしてるんだ!とおそろしくもなる。まあ何にせよおかげで何とかなりそうな様子だ。要はユニオンクエリらしい・・・。

データベースを作るにあたって、何か心の支えというかがんばる元が必要だということで、ミスドを買い込む。食べながらがんばっているんだがちょっと胃酸が過剰に分泌されてきた・・・。これも歳のせいかしら。最近運動不足のせいもあってか体の衰えを強く感じる。こんな人生曲がりきってしまった感たっぷりなのに、これから人生の大イベント結婚出産介護等々ができるとは思えない。このままだと再来年くらいには歩けなくなって、5年くらいしたら死んでしまいそうな衰え具合だ。ということでスポーツクラブに通うことを考えている。新しい出会いもあるかもしれないし、知り合いも増えるだろうし。とはいえ大学のとき勤めていたスポーツクラブで知り合ったのは、信じられないくらいマッチョなお兄さんかおじさんだけだった・・・。いやいや、新しいジムならかっこいい姉御みたいな知り合いもできるはずだ!と固く信じて今度見学に行ってきます。体を動かすことにお金を沢山費やすという私の最も嫌いなことをしなくてはいけないのだけれど、背に腹は変えられない。お腹とおしりが同じ大きさになってきている。背と腹が変わってしまう・・・。

展示会!

ここ2ヶ月くらい、信じられないくらい仕事にやる気がなく、7時頃に荷物を出したら即仕事を切り上げて畑に行ったり、TSUTAYAに行ったりふらふらしていたのだが、今日売り上げ計算をして請求書を出したら目が覚めた。こんなこっちゃいかん。こりゃ本当に不況です。

明日大阪にちょっと機械を取りに行く予定だったんだけど、急遽金曜日に大阪に出張が入ったので明日の大阪はお父さんに任せることにした。金曜日、初の展示会に行けることになったんだ!いえぇ~い!!うれしい。アパレル展示会ってのはメーカーが新作をずらーっと並べてるところに大手のバイヤーさんたちがやってきて説明を聞き、よし、これ1000着もらおう!とかっていう商談をするところなんだけど、副資材を作っているうちの組合も呼ばれたのだ。まあ実際のところ完成した服の展示会なんてのは全然仕事に関係なく、人数合わせのサクラみたいなもんなんだけど、色んな服を見ると新しい素材とか、今作ってるものの改善とか何かがひらめきそうな気がしてちょっとワクワクしている。世の中にまだ売られていない服を先に見るってなんかいいよね。でも、今回はスポーツウェアなんだけど・・・。水着とか多いらしいんだけど・・・。まあまあ新作の服には違いない。久々に楽しみです。