執事好き

なぜこんなに『メイちゃんの執事』に胸がキューッとなるのかわからない。久々に晩ご飯の用意もして、その後夜中12時半まで真面目に仕事をした後台所に来てみるとご飯茶碗が洗ってなかったときの衝撃。「キャーッ!」と言いそうなのをこらえ、どうせならいっぱいひっかけながら家事をするかと冷蔵庫から酎ハイを取り出し、おもむろにつけたテレビに燕尾服を着た水嶋ヒロが写った時のあのキューッとくる感じ。なんなんだろう。説明がつかない。自己分析するも分析不可能。そもそもあの顔が好きなわけじゃない。ある程度の孤独をこよなく愛しているので、あんな四六時中一緒にいて欲しくない。あんな風に守られたい・・・わけでもなさそう。そもそもあまりにも現実離れした設定。でもキューッとくる35歳。1本あたり107kcalあるチョコチップ入りスナックパン8本入り、1袋856kcalのおやつを全部食べても満たされない何かをうめてくれるのか?水嶋ヒロ。でもちまたにあるらしい、メイドカフェならぬ執事カフェに行きたいとは思わない。そういうんじゃないんだよな。思えば執事とは雇い主から見て下の存在でありながら、物語では尊敬すべき上の存在にもなっていて、恋愛感情などもからんで同等の存在でもある、ある意味マルチな存在なんだよ。なんて書いてみたけどピンとこない。そういえば思い返せば私は小さい頃から執事が好きだった。というか執事になりたかった。中学生くらいから読んでいたイギリスの古い推理小説にはいつも冷静沈着な執事が登場した。大きくなったら執事になろう!ってそういえば思ってた。だからか?だからなのか?水嶋ヒロ。それだけではない甘酸っぱい何かをもよおしている35歳の梅雨。

女らしさ

遅ればせながら坂東眞理子著『女性の品格』を読んでいる。まだ半分ほどしか読んでいないのだが、思ったよりも親しみやすい内容で面白く読みやすい。本人もはじめに書いているのだが、女性の品格という題名ではあるものの、男女を問わず人としての品格について書かれてある部分も多い。なるほど!と思うことも多く、まだ読んでいない女性(に限らず)は読んでみても損はない気がする。Book Off でなんと105円で売っている。物の価値と対価ってどうなってるんだ!と思わずにはいられないが。勉強ができればよし、仕事ができればよし、は20代までの話。30歳を過ぎれば仕事だけでない人格が求められるのが社会というもので、それは当然のことかもしれないと思うアラフォー新入生。少しでも品格のある人間になりたいと思う。

それはさておき、女らしさってなんなんでしょう。ジムのお風呂あがりにレースの下着のおねえちゃんや沢山の化粧品の瓶を並べるおばちゃんやリンゴ味の歯磨き粉のギャルに囲まれながら、アイアン・メイデンのロックTを着てワシワシ髪を乾かしていて今日思ったのです。女らしさってなんなんだろうって。難しい問題です。自分としての結論が全くでないまま日記に書くのもどうなのかとは思いますが、あえて、女らしさってなんなんかねぇ。こんなオッサンくさい私だけど高校時代の親友からは女らしいと思われていて、それはもちろん残念ながら見た目ではなく、考え方の問題らしい。確かに、女らしいを通り越して女々しい部分は多々あります。だいたい知り合って間もない人はサバサバした気持ちのいい人だと思うようですが、それは私の策略にはまっているだけです。本当はネチネチした非常にある意味女らしい人です。個人的には女らしくなりたい(それは見た目や一般的な女らしさという意味で)と思っているのですが、それは簡単に求めて手に入るものではなく、それこそたゆまぬ努力が必要なものなのです。きれいだ、清潔だ、優しい、母性がある、気が利く、たおやかだ、芯が強い、よく泣く等々色んな女らしさがあるけれど、本当に女らしいってどういうことでしょう?なんなんでしょうねえ。結論が自分の中で全くでないままこの話題はこれでオシマイ!そうそう、こないだテレビの番組で見ましたが、「愛」とは相手と同じ方向を向き相手に寄り添うこと・・・かもしれないそうです。なるほどね。誰かズバッと女らしさについて断言してくれないかな。

最近・・・

子供にいつパパがいなくなってもいいように,自分で何でも出来るようにしろと言ってるが,なかなか難しい.
明日,家族4人が3人になったらっていう危機感がないんだなー・・・
当たり前だが,ありうる事だし少しでも貪欲に強くなってもらいたい.

基本的に泣き虫だから毎日3回くらいは泣かせてるけど,泣いてても何もならないって誰か教えてくれないかなー.
基本的に僕は家事・育児はしたくないから・・・