カテゴリー別アーカイブ: 島田 恭子

妄想

前回の日記を見ると日付が8月19日だった。ちょうど1ヶ月ほど前。こりゃいかん。月1ペースだな。

久々の日記でなんですが、暑かったねえ8月〜9月頭。連続何日か知らんが真夏日が続いて観測史上一番暑い年だったんだってね。しかし個人的に寒いのが大嫌いなので、最近めっきり涼しくなってさみしいかぎりです。

吉田さん他Twitterでお知り合いになった人たちにも勧められてiPadの購入を結構真剣に考えている。そもそも営業活動にちょっと使いたいと思っていたんだけど、その機会は年に1、2度しかないし、今回使うと次回使うことはないだろうし、それより他の使い方もあるかもなぁと思っている。ただ何をするにもお金がかかる。それだけ分ちゃんと使えるだろうか。

そんな私だが、実はパソコンやらインターネットやらが嫌いだ。もちろん毎日何時間も接続してるし、無いと困るんだけど、できれば世界からいっぺんに無くなって欲しいと思っている。電気製品全般が苦手なんだな。もちろんもちろん使ってるし無いと困るんだけどさ。もっとのんびり、外で畑を耕したり魚を釣ったりして、採れた物で美味しいご飯作って、仲良しみんなでワイワイ食べて、本読んで、森とか山とか川とか海とかでボーッとして毎日を過ごしたい。現実はそんな風にはいかないんだけど。電化製品ないと大変なことだらけなんだけど。高西さんのもしもコーナーじゃないけど、もしも宝くじ1等前後賞で3億もらえたら、1億5千万円を家族と会社で分けて、残りの1億5千万円で私は山に庵を開いて隠居して、鹿やウサギや熊やタヌキと一緒に隠遁生活を送りたい。ものすごく快適ななんちゃって隠遁生活を送るのだ。もちろんログハウスだけど、中は完璧な空調設備。ちゃんと自家発電設備や水道も完備。大きな冷凍庫にお肉とかを入れておいて、お野菜はできるだけ自給自足。無理なら買いに行くと。貯金1億あっても利子で一生は生きていけないだろうなぁ。金利が低すぎる。・・・などなど。妄想はつきないのだ。・・・いったい何の日記なんだ?

記憶に残るためには!

ここ最近驚くほど子供中心の生活を送っている。姪っ子が来ている。というか、ずっといる。1ヶ月ほどいる。毎朝起きて、ご飯食べて、スイミングと公文に通って、お風呂入って、ちょっと遊んで寝て、を繰り返している。私は中学校くらいまでは子供好きだったんだけど、大きくなってからはめっきり子供が好きじゃなくなった。多分自分が子供だから、思い通りにならない子供は面倒なんだな。大人に囲まれてちやほやされてのんびり暮らしたいと。しかし姪っ子はやってくる。そしてやってくるとやはり可愛い。なんだろうね。小さいってだけで可愛い。体温が高いところも可愛い。何となくまだ純粋な感じがするところも可愛い。姪っ子は毎年やってくるんだけど、だんだん悪知恵をつけてきてこっそり隠れてテレビを見たり、テレビを禁止されるとお風呂に入りながらお風呂のテレビをこっそり見たりする。でもまだ小さいから問いただすとすぐ白状する。そこがまた可愛い。多分来られるのもあと2年くらいだから、そう思うと親戚っていっても何だか素っ気ないもんだなぁと寂しくなる。遠くの親戚より近くの他人、って言うけど、わからなくもないなぁ。もちろん遠くの親戚は他人よりもずっとずっと大事なんだけど、1年に3、4日しか会えないとなると、月に何度も会う他人の方が近しいのかもしれない。やっぱり記憶に残るためには自分から会いに行ったり、連絡したりしないといけないもんだなぁ、と近頃よく思う。私の大好きだったおばさんは2年前50代で亡くなってしまったんだけど、本当に色んな思い出がある。いっぱいかまってくれたし、いっぱいかわいがってもらった。大学の時も家が近かったのもあってちょくちょく遊びに誘ってくれたし、家にも泊めてくれたし、私の専用パジャマまで用意してくれた。やっぱり私も姪っ子を可愛がっておかないとな。でも、今可愛がっても大きくなったら忘れちゃうんだろうなぁ。おばさんはさみしい。でもあと1週間しかいないんだし、毎日遊ぶんだもん。ちなみに今年は30年近くぶりに夏の工作をしたのだ!おばさんは楽しい!

執事好き

なぜこんなに『メイちゃんの執事』に胸がキューッとなるのかわからない。久々に晩ご飯の用意もして、その後夜中12時半まで真面目に仕事をした後台所に来てみるとご飯茶碗が洗ってなかったときの衝撃。「キャーッ!」と言いそうなのをこらえ、どうせならいっぱいひっかけながら家事をするかと冷蔵庫から酎ハイを取り出し、おもむろにつけたテレビに燕尾服を着た水嶋ヒロが写った時のあのキューッとくる感じ。なんなんだろう。説明がつかない。自己分析するも分析不可能。そもそもあの顔が好きなわけじゃない。ある程度の孤独をこよなく愛しているので、あんな四六時中一緒にいて欲しくない。あんな風に守られたい・・・わけでもなさそう。そもそもあまりにも現実離れした設定。でもキューッとくる35歳。1本あたり107kcalあるチョコチップ入りスナックパン8本入り、1袋856kcalのおやつを全部食べても満たされない何かをうめてくれるのか?水嶋ヒロ。でもちまたにあるらしい、メイドカフェならぬ執事カフェに行きたいとは思わない。そういうんじゃないんだよな。思えば執事とは雇い主から見て下の存在でありながら、物語では尊敬すべき上の存在にもなっていて、恋愛感情などもからんで同等の存在でもある、ある意味マルチな存在なんだよ。なんて書いてみたけどピンとこない。そういえば思い返せば私は小さい頃から執事が好きだった。というか執事になりたかった。中学生くらいから読んでいたイギリスの古い推理小説にはいつも冷静沈着な執事が登場した。大きくなったら執事になろう!ってそういえば思ってた。だからか?だからなのか?水嶋ヒロ。それだけではない甘酸っぱい何かをもよおしている35歳の梅雨。

女らしさ

遅ればせながら坂東眞理子著『女性の品格』を読んでいる。まだ半分ほどしか読んでいないのだが、思ったよりも親しみやすい内容で面白く読みやすい。本人もはじめに書いているのだが、女性の品格という題名ではあるものの、男女を問わず人としての品格について書かれてある部分も多い。なるほど!と思うことも多く、まだ読んでいない女性(に限らず)は読んでみても損はない気がする。Book Off でなんと105円で売っている。物の価値と対価ってどうなってるんだ!と思わずにはいられないが。勉強ができればよし、仕事ができればよし、は20代までの話。30歳を過ぎれば仕事だけでない人格が求められるのが社会というもので、それは当然のことかもしれないと思うアラフォー新入生。少しでも品格のある人間になりたいと思う。

それはさておき、女らしさってなんなんでしょう。ジムのお風呂あがりにレースの下着のおねえちゃんや沢山の化粧品の瓶を並べるおばちゃんやリンゴ味の歯磨き粉のギャルに囲まれながら、アイアン・メイデンのロックTを着てワシワシ髪を乾かしていて今日思ったのです。女らしさってなんなんだろうって。難しい問題です。自分としての結論が全くでないまま日記に書くのもどうなのかとは思いますが、あえて、女らしさってなんなんかねぇ。こんなオッサンくさい私だけど高校時代の親友からは女らしいと思われていて、それはもちろん残念ながら見た目ではなく、考え方の問題らしい。確かに、女らしいを通り越して女々しい部分は多々あります。だいたい知り合って間もない人はサバサバした気持ちのいい人だと思うようですが、それは私の策略にはまっているだけです。本当はネチネチした非常にある意味女らしい人です。個人的には女らしくなりたい(それは見た目や一般的な女らしさという意味で)と思っているのですが、それは簡単に求めて手に入るものではなく、それこそたゆまぬ努力が必要なものなのです。きれいだ、清潔だ、優しい、母性がある、気が利く、たおやかだ、芯が強い、よく泣く等々色んな女らしさがあるけれど、本当に女らしいってどういうことでしょう?なんなんでしょうねえ。結論が自分の中で全くでないままこの話題はこれでオシマイ!そうそう、こないだテレビの番組で見ましたが、「愛」とは相手と同じ方向を向き相手に寄り添うこと・・・かもしれないそうです。なるほどね。誰かズバッと女らしさについて断言してくれないかな。

リアルとCG

今晩御飯を食べながら映画「『ディープブルー』を見ている。が、始まってまだ30分もたっていないのだが、ちょっと考えさせられることがあり一時停止ボタンを押して日記を書いている。

ディープブルーを見ると自然界の色んな生き物たちの生命の営みが圧倒的に美しい映像と音楽にのせて描かれている。私はそれを見て「すげー」とかってつぶやきながら見ているのだが、これって今の子供たちはどうなんだろうか、とふと思ったのだ。自分達の世代はいけてないCGを知る最後のほうの世代だと思っている。昔のCGはいけてなかった。あきらかに作り物。それが今は本物と見まごうばかりの美しい映像が映画や果てはTVドラマにだってでてくる。今の子供たちはそれを普通に見ている。そうするとこういったリアルの世界の美しさに感動する心っていうのはどうしても薄れてくるんじゃないだろうか。実際自分で映像を見ながら以前より感動の波が低い気がしてならない。似た場面をCGで見たことがある気がしたのだ。自分に子供はまだいないけど姪っ子なんかが夏休み遊びにくると、一緒にDVDを借りに行ってもCGが多用された刺激の強いDVDがやはり一番楽しいと思うようだ。私達は分別のある大人で、いけてないCGを知る大人なので、映画を見ながら「よく作ってあるなぁ」と思う。ただ、それが当たり前の今の子供たちは、いや、これからもっとリアルに、もしかするとリアルを超えるCGを普通に見ていく子供たちは、本物のリアルの世界に対して感動する気持ちがやっぱり少し薄れるんじゃないだろうか。じゃあCGがいけないのかっていうと、そういうわけじゃない。ただリアルであることやそれに感情を動かされることの意味って何なんだろうなぁって思ったんだ。私はバカなので何をどうしたらいいかなんて全然わからないんだけど、自分の姪っ子や自分にも授かるかもしれない子供にはリアルの世界の感動を感じて欲しいなぁと思う。実際に見て触ること、それもあと何十年後かには3Dでできるようになるんだろうけど、本物の世界というか現実にある世界を体で感じて感動する気持ちをちゃんと育ててあげたいなぁと思った。しかし『ディープブルー』を見ていると世界のどこかにこんな毎日があるんだなぁと、本当にびっくりする。行ってみたいなぁ。せめて沖縄でも!

アリス・イン・ワンダーランド

久々のブログ。映画を見てきたので報告を。

『アリス・イン・ワンダーランド』を見てきました。残念ながら3Dではなかったけど。個人的な結論から言えば、もうひとつって感じかな。小さい頃から『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』が大好きでかなり読み込んでいた上にティム・バートンが好きなので、これはぜひ見に行かなきゃ!と行ったのですが、やっぱりねえ3Dを意識して作られた映画は3Dで見なきゃ面白くないわ。3Dの映画を一度も見たことのない人ならそうでもないのかもしれないけど、「ああ、ここ3Dを意識してるなぁ」というところが随所に見られて話に没頭できない。それを平面で見るとちょっと退屈な部分もあるし。それに今回の映画は登場人物の造形にもティム・バートンらしさがかなりあると思うので、その醍醐味を味わうにはぜひ3Dがいいかと。話の筋は・・・難しいなぁ。本来のティム・バートンらしいキレたところがキレきれてないというか、Disneyと組んだためか子供も見ることを意識してか、無難にまとめたな感が強かった。ティム・バートン全開のものが見たかった。内容は書かないけど、2冊のアリスを読んでから見ることを強くおすすめします。一緒に行った友達は鏡は未読、不思議の方も読んだことあると思う・・・くらいだったから、話の筋がよくわからなかったと言ってました。確かに本の筋を知っていること前提に作られていて、知らずに見ると、原作を知らずにパロディの映画を見るような感じかもしれません。

それにしても3Dで字幕は見難いとこれだけみんなが言っているのに、レイトショーの3Dは字幕のみ。そりゃぁ洋画は字幕ってよく言われるけど、こと3Dに関しては洋画も吹き替えなんだって。ということで3D吹き替えでもう一度見直そうかと思っています。もったいないかな?でも不完全燃焼な感じなんだよね・・・。

アリス・イン・ワンダーランド オフィシャルサイト

http://www.disney.co.jp/movies/alice/

パソコン買う・・・ぞ!

今週に入って突如仕事がめちゃめちゃ暇になった。先週も先々週もお休みなしで働いてきたのに、ここにきて突然の開店休業状態。今こそ中長期的にやりたいと思っていたことに手をつけるべき時!とはわかってはいるが、なかなか重い腰はあがらない。やりたいことを絞り込めていないことが原因かな。こまごまとした経理やデータ整理や見本整理などと、売り上げにつながる新しい取り組み、どちらももう待ったなしなんだけど、どっちをやりかけてももう一つの方を先にするべきなのでは?と思ってしまう。ドラッカーの本でも読んだけど、一度に多くのものに手を出すとどれも達成されにくいと。そうだよね。なんかをやりだすとつい勢いづいてあれもこれもと手をつけたくなる典型的な人間です。優先順位を決めて迷わず進まないと。

ついにノートパソコンを買おうかと思っている。今使っているのは約10年ほど前に買ったWindowsXPのノートで、IllustratorとかFileMakerとか今となれば結構大事なソフトやフォントが沢山入ってるし、特に壊れたわけでもないし・・・(いや、随分前に液晶は壊れたので、液晶を無理やりはずしてモニタにつなげて使用しているので、厳密には壊れていますが。)と思っていたんだけど、最近バンドで始めたTwitterを使っていてあまりの遅さに買い換えようかと。随分古いので色んなソフトがアップグレード対象からはずれていたり、今のOSでは使えなくなっていたりして、このまま使っていても難しいなと。で、Macを買ってみようかと思っている。Macを買ってWindowsも乗せて。Windowsマシンはそれこそ8台もあるのだけど、Macはうちには1台もないし。色々面倒かなぁとか、結局色々買うと値段高いしなぁとか、色々考えるのだけど、今勢いで買ってしまった方がいい気がする。洋服などとは違ってパソコンはまだ使えるから、壊れてないから、という基準で購入時期を決めるものではないと思う。とはいえ金額を考えると尻込みする毎日。あと、昨晩のジャパネットたかだを見てちょっと気持ちがゆらいだ。FMVのBIBLO(今春モデル、OfficePersonalインストール済み、Win7)にエプソンの複合機とデジカメつけて12万切ってた。どういう計算なのか、ここしばらくで電気屋に通いつめた私にも理解不能。ああ、でもMac~。

ライブへのお誘い

今度の3月6日にDNAにてライブがあります。出演バンドはうちをいれて3つか4つということで、まだ決まってないのです。今年2本めのライブがようやくできるのですが、前回のライブの後なんだかちょっとまったりしてしまって反省しきりです。前回来てくれた人も前回来られなかった人も、今までベイビーバギーを見たことが無い人も是非来てください。時間や場所の詳細はリーダーの日記にでています。よろしくね。アマチュアバンドのライブなんて見たことがない!っていう人、是非とも来てみてください。プロのライブとは違って客席全体との一体化!とかが良くも悪くもないので、突然行って浮いちゃうんじゃ?とかいう心配も全くありません。知らない人なんて沢山いるので、ぴゅーっと入ってお酒やジュースやコーヒー飲みながらなんとなーく見て、飽きたらふんふ~んと帰れます。入った途端に「誰だあいつ?」なんて目で注目されることは全くありません。ちなみに今回のDNARockCafeは大きな窓があるので、外からも中の様子がうかがえます。通行人のふりをして前を何往復かしてみて、それから入るかどうか考えてもらうこともできます。そうそう、お車は前に大名そばというお店があるので、そこの駐車場にとめてもらうか、近くのクレインにとめてもらうことになります。駐車場はタダ!なので、一度前に来るだけでも損はありません。割と概観も素敵なライブハウスなので、車をとめて中を偵察しつつ前を何往復かするだけでもちょっとロックな気分にひたることができます。3月6日の夜、鶴来までお散歩しに来ませんか?気が向いたらぜひともドアを開けてご入店ください。お金は払ってね。

お菓子は化学だ。

昔1人暮らしをしていた時のストレス解消法は“みじん切り”だった。会社の帰り夜中の1時からジャスコへ行き、野菜を買って帰って2時3時までひたすらみじん切りをするOL。今自分で思い出しても恐ろしい。もちろんみじん切りにした野菜は煮込んでスープとかにするんだけど、そこにおしゃれ感はまったくない。だって丑三つ時だもん。実家に住んでいた時のストレス解消法は“ただひたすらドライブ”だった。それはドライブなんて素敵なものではなくて、ただただひたすら低速でノンストップでそれも夜中に走り回ることだった。会社帰りただただひたすら走って、気がつくと能登島なんてこともあった。富山から能登をぐるっとノンストップでまわって休憩なしでどこにも寄らず5時間で帰宅とか。トイレすら寄らず一体全体何が楽しいのやら。でも不思議と帰ってくるとスッキリしたんだな。そして、今のストレス解消法は“お菓子を作ること”。元々料理本は好きだけど、本を見ながら料理をすることがほとんどない私は(ご飯を作る時は、とりあえず何でも煮るか炒めることしかしない)お菓子を作ることがあまりない。お菓子の世界は化学の世界と似ていて、分量を正確にはかり、正確な手順で作らなければ成功しないものが多い。まるで試験管で何かを混ぜ合わせるかのように、色んな材料を必要以上に厳密にはかりボールで混ぜ合わせ、そんな必要もないのにオーブンの中から片時も目を離さない。そうしてここ毎日お菓子を作り続けている。アップルパイにかぼちゃのプリンに、今日はビスコッティ。そして毎日全量食べきっている。そしてジムを休んでいる。ああ、明日からもうちょっとがんばろう。色々。それでは残りのビスコッティを食べてきます。

新曲ができない。

私も今年こそは新曲を!と色んなアーティストの曲を聴いている。もちろんちょっとずつパクってこようと思って。でへへ。昨日久々にメタリカのDVDを見た。もちろんけっこうパクッちゃえと思って。ぐへへ。でもだめだった。なんかちょっと違うんだよなぁ。世界のメタリカ様に向かって違うとは恐れ多い言い草だが、以前はあんなのがやりたいなぁと思ってたんだけど最近はちょっと自分の中のイメージが変ってきてるようだ。自分のやりたい音楽を作るのは難しい。そして1曲にするのは難しい。そしてギターが弾けないのはつらい。音楽ソフトを使って打ち込もう!と思うんだけど、ベースなんて単音だからなんとでもなるけど、ギターをイメージ通りいれるのなんてほぼ不可能。ましてやコードもわからないし、エフェクターもよくわからない。メロディだけなら鍵盤で弾いていれればいいんだろうけど、それだと全然イメージが伝わらないし・・・と挫折する。なんかいい方法ないかなぁ。ヤマハにギターを習いに行くとか。そんなことしてたら新曲できるの5年くらい先になってしまう・・・。