のど自慢予選会(付き添い編)

ひとみの日記にもあるが、今日はNHKのど自慢の予選会に付き添い(応援)として行ってきました。
朝11:30受付。12:30から司会者の説明が始まり13:00からトップバッターがスタート!

250人の参加者で一人の持ち時間が40秒。これは時間がかかる。ひとみは232番。曲名の50音順なので「あ」から。

今回のゲストが、橋幸男と川中美幸。なのでこの両名の歌は選ばれやすい。まずは「い」の曲で「潮来笠」♪いたこの~いたろ~う…ってやつね。これが続く続く!7人くらいコスプレしながら歌ってましたわ。終わったと思ったら「いつでも夢を」ゾーンがすぐさま!!と、なんだかんだ進んでいよいよ、ひとみの番!

すでに17:00過ぎ。待ってる方も辛いよね。観てるこっちも疲れてくる。緊張してるんやろうなぁと客席にいる僕もドキドキしてきた!「やさしいキスをして」を無事40秒歌いました。やさしいキスを、たまにはしてほしいものです。。。
あっ話がそれた。

で、結果は・・・・落選。残念でした。自分の妻の事を褒めるのも気持ち悪いんだけど、歌の上手さでは5本の指に入っていたと思いますわ。(正直言うと3本には・・・)
しかし!のど自慢はそんなに甘くない。上手いだけじゃ選ばれません。多分何かが足りなかったのだと思います。
バンドもそうでしょ。上手いだけじゃ、いいバンドじゃない!人気も出ない。まぁそれみたいなもんか?
いや、と言うより20組選ばれるんだけど、枠が色々と別れてる。例えば、演歌は2組、お笑い2組、ゲストの歌2組、10代~70代までの男女…等など。
合格も6人くらい。つまり250分の1か2くらいの確率なのだ。ひとみが受かるのは!それこそメチャクチャ上手くないと難しい。それを40秒で出さなきゃいかんしね。こりゃ大変だ!

全ての人が終わって審査中の40分くらいの間、カラオケ大会が始まった。司会者が勝手に曲を決めて、「はい、これ歌いたい人~」って。手を挙げ中の2人が選ばれ1番2番と分かれて歌うコーナー。
そこで今日イチの盛り上がりの出来事が!!
曲名は「天城越え」選ばれた女の子(12歳)と謎の女性(不詳)がステージへ。
この12歳の娘は観覧者で毎回手を挙げてたし、周りもよかったね~やっと歌えて。しかしよりによって天城越えの時に・・・・みたいな。ところがどっこい(古い)メチャクチャ上手いじゃないかぁ~!!
ひとみの日記にもあったが、250人の予選の誰よりも上手い!小学生はのど自慢に出られないので見学だけ来てたのか。しかし上手い。大人顔負けというか、普通に完敗だわ!可哀相なのは2番を歌わなきゃいけない女性だ。
大盛り上がり拍手喝采の次に。。。。。もう踊るしかない。苦肉の策だったのか、歌にまったく合ってない振りで苦笑を誘いながら歌い切ってたわ。あれはあれで凄い!

という一日でした。
応援に来てくれた、ひとみのお友達(こけし、いむちゃんetc)、いたるくんありがとうございました!いたるくんは5時にライブハウスに行かなきゃいかんのに、ひとみだけは見ていくと言って5時20分までいてくれて。ありがとうね~。

来年はわたくしが挑戦だ!マジでいくか、お笑いでいくかが悩みどころ・・・。

「のど自慢予選会(付き添い編)」への3件のフィードバック

  1. 昨日はお疲れ様でした!!ひとみさんの結果を除けば楽しかったですね。
    ゲスト枠ソングが何人続くか!?とかの予想(笑)

    格好はお笑い、歌はマジで挑むのがベストのような気がしますね。
    ほいで応援にも力入れて(横断幕とか)

    あっまずはがき。。。(苦笑)

  2. あのおっさんのように、クワ持って前奏で田植えの形態模写をしてから
    全然関係ない歌を歌うとか?
    あの人農作業の格好で、クワ持ってYAH!YAH!YAH!かなんか歌ってましたもんね。

    たぶんハガキ審査を突破するのが難関だよ!

  3. ですね、MISIAの格好して泳げたい焼き君歌ってた人もいましたしね(笑)

    はがき…運頼み…
    その辺の運ないっす(T_T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です