桜花の舞い

// Verse 1
嗚呼 咲き乱れる 離別(わかれ)の 涙は 桜花の舞い
もう 逢えぬ彼方 夢幻の契りは 来世で逢う

// Bridge 1
記憶が途切れてく ぬくもり消えかけて
「せめてあなたの声だけでも聞かせて」
叫ぶ声が雲間を裂いた

// Chorus 1
錆付いた刃じゃ未来は変えられず 毎夜毎夜 さだめを恨む
残された慕情が時間を凍らせて 日毎日毎想いは募る
最期に会った あの丘で一人 散りゆく桜見つめた

// Verse 2
嗚呼 背を向けても 聞こえる あの日の 桜花の舞い
もう 逢えぬのなら はかない願いは 捨ててしまえ

// Bridge 2
記憶が途切れてく ぬくもり消えかける
「せめて夢の中で抱き締めてほしい」
叫ぶ声が下弦に届く

// Chorus 2
愛する想いさえ 咽ぶ霧に隠れ かがり火さえ消えゆく夜更け
閉じた瞼の中 彼方の面影に たまゆらだけ恋に落ちてく
卯月の夜に朱雀の羽根音 散りゆく夜桜のように

Guitar solo
Bridge 1
Chorus 1

—-
作曲・作詞/高西峰嘉 編曲/吉田真吾
2006年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Baby Buggy