アリス・イン・ワンダーランド

久々のブログ。映画を見てきたので報告を。

『アリス・イン・ワンダーランド』を見てきました。残念ながら3Dではなかったけど。個人的な結論から言えば、もうひとつって感じかな。小さい頃から『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』が大好きでかなり読み込んでいた上にティム・バートンが好きなので、これはぜひ見に行かなきゃ!と行ったのですが、やっぱりねえ3Dを意識して作られた映画は3Dで見なきゃ面白くないわ。3Dの映画を一度も見たことのない人ならそうでもないのかもしれないけど、「ああ、ここ3Dを意識してるなぁ」というところが随所に見られて話に没頭できない。それを平面で見るとちょっと退屈な部分もあるし。それに今回の映画は登場人物の造形にもティム・バートンらしさがかなりあると思うので、その醍醐味を味わうにはぜひ3Dがいいかと。話の筋は・・・難しいなぁ。本来のティム・バートンらしいキレたところがキレきれてないというか、Disneyと組んだためか子供も見ることを意識してか、無難にまとめたな感が強かった。ティム・バートン全開のものが見たかった。内容は書かないけど、2冊のアリスを読んでから見ることを強くおすすめします。一緒に行った友達は鏡は未読、不思議の方も読んだことあると思う・・・くらいだったから、話の筋がよくわからなかったと言ってました。確かに本の筋を知っていること前提に作られていて、知らずに見ると、原作を知らずにパロディの映画を見るような感じかもしれません。

それにしても3Dで字幕は見難いとこれだけみんなが言っているのに、レイトショーの3Dは字幕のみ。そりゃぁ洋画は字幕ってよく言われるけど、こと3Dに関しては洋画も吹き替えなんだって。ということで3D吹き替えでもう一度見直そうかと思っています。もったいないかな?でも不完全燃焼な感じなんだよね・・・。

アリス・イン・ワンダーランド オフィシャルサイト

http://www.disney.co.jp/movies/alice/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です