ヒーローがやってきた

日記も書かずに毎日頭の中は相変わらず畑のことでいっぱい。お母さんにも「あんた、農家にお嫁に行ったら?」といわれるくらいの畑好き。これから暑くなるし紫外線も強いし、農家頭巾は持ってるんだけど見た目がよくないので、大きな大きな麦藁帽子を買おうと思っている。1日少なくとも1時間半くらいはその1畝しかない小さな畑でちまちまと草をむしったり支柱を立てたり、虫をとったりしているのだが、今日、うちの畑にてんとうむしがやってきた!つい昨日ピーマンを植えたんだけど、さっそく沢山のアブラムシがやってきたようで、てんとうむしはそれをねらってどこからかやってきたのだ。ヒーローの登場だ!いけ!やっつけろ!アブラムシノ出す蜜を狙ってアリがてんとうむしの邪魔をするんだけど、てんとうむしはその隙を狙ってアブラムシを食べていく。ほんとに、食べてるんだよ。食べるとは知っていたけれどその現場を見たのは初めてでちょっとびっくりした。バァクゥッって感じで食べるの。で、口からアブラムシの下半身が出てて、ジタバタしてるの。すごいなぁ。そんな現場を目撃するとほんとに時間を忘れて見入ってしまいます。てんとうむしの背中の模様を覚えて、さっきネットで調べたらどうやらヒメカメノコテンゴウというアブラムシを駆除してくれるありがたいてんとうむしの一種だった。なんだかとてもうれしくて、アブラムシ取らずに残してきてしまった。完全無農薬野菜を作る手助けとして、てんとうむしの幼虫を売っているらしい。すごいよねえ。私ももっと大量発生したら買ってこよう。なんといってもうちのかわいい苗にかわいいとまっている図がいい。親ばかだろうか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です