リアルとCG

今晩御飯を食べながら映画「『ディープブルー』を見ている。が、始まってまだ30分もたっていないのだが、ちょっと考えさせられることがあり一時停止ボタンを押して日記を書いている。

ディープブルーを見ると自然界の色んな生き物たちの生命の営みが圧倒的に美しい映像と音楽にのせて描かれている。私はそれを見て「すげー」とかってつぶやきながら見ているのだが、これって今の子供たちはどうなんだろうか、とふと思ったのだ。自分達の世代はいけてないCGを知る最後のほうの世代だと思っている。昔のCGはいけてなかった。あきらかに作り物。それが今は本物と見まごうばかりの美しい映像が映画や果てはTVドラマにだってでてくる。今の子供たちはそれを普通に見ている。そうするとこういったリアルの世界の美しさに感動する心っていうのはどうしても薄れてくるんじゃないだろうか。実際自分で映像を見ながら以前より感動の波が低い気がしてならない。似た場面をCGで見たことがある気がしたのだ。自分に子供はまだいないけど姪っ子なんかが夏休み遊びにくると、一緒にDVDを借りに行ってもCGが多用された刺激の強いDVDがやはり一番楽しいと思うようだ。私達は分別のある大人で、いけてないCGを知る大人なので、映画を見ながら「よく作ってあるなぁ」と思う。ただ、それが当たり前の今の子供たちは、いや、これからもっとリアルに、もしかするとリアルを超えるCGを普通に見ていく子供たちは、本物のリアルの世界に対して感動する気持ちがやっぱり少し薄れるんじゃないだろうか。じゃあCGがいけないのかっていうと、そういうわけじゃない。ただリアルであることやそれに感情を動かされることの意味って何なんだろうなぁって思ったんだ。私はバカなので何をどうしたらいいかなんて全然わからないんだけど、自分の姪っ子や自分にも授かるかもしれない子供にはリアルの世界の感動を感じて欲しいなぁと思う。実際に見て触ること、それもあと何十年後かには3Dでできるようになるんだろうけど、本物の世界というか現実にある世界を体で感じて感動する気持ちをちゃんと育ててあげたいなぁと思った。しかし『ディープブルー』を見ていると世界のどこかにこんな毎日があるんだなぁと、本当にびっくりする。行ってみたいなぁ。せめて沖縄でも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です