日記

今日は会社でおかしなパンを食べました。おかしなパンシリーズ第二弾です。外から見た目は黄色いパン。しかし具はいっさい見えず。表面のテカリが気になります。人に見せると「たまごパン」に違いないと。なんだそれ?たまごパン?黄身味なのか?白身は?意を決して試食。あ~ま~い!!!中にはカスタード、表面のテカリはカステラのような味がする甘い物質、しかし飲み込んだ後に舌にかすかに残る塩味!わかりません。何パンなのかしらこれ?しかし根性で完食いたしました。食べものを残すともったいないお化けがでると、小学校4年くらいまでは本当に信じていました。いまでもごはんつぶには八十八の神様がいると信じています。というかご飯粒をご飯茶碗にいっぱいつけたまま“ごちそうさま”をする人は好きじゃないです。あとご飯を作って誰かに食べさせた後「ごちそうさま」と言われたら必ず「おそまっつぁん」と言うように心がけています。心がけは大切です。さ、口直しに何か食べよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です