しょまだけど善玉は多い

最近自分が非常に“しょま”になってきている。しょまってわかるかな。不器用とかおっちょこちょいとかしょーもないとかだめだとかそんな感じ。何弁かな。昔から自分でドアを開けて自分の横幅を見当違いして肩をしこたまぶつけるなんてことはよくあったんだが、最近それがものすごくひどい。ドアにぶつかったり、机の角に足の小指をぶつけたりするくらいは、痛い!で済むからいいんだけど、最近刃物を取り扱うのがとても怖くなってきた。仕事柄和バサミを使うのだが、西洋のはさみのように支点があってゆっくり切るようなものではなくパチンと割と勢いできるので(小学校の時の裁縫セットに入ってたようなやつね)それでよく自分の手を切ってしまう。切れ味もよいので本当にサクッと切れる。で、血がでる。で、半べそをかきながら絆創膏を貼る。包丁で自分の指を切ってしまうことも本当に多くなった。歳をとったってことでそんなことになるかしら?私はどこか頭の血管が詰まってるんじゃないかと思うんだけど。そういえば入力間違いも非常に多くなった。やっぱり血管が詰まってるんだ。最近運動もあまりしないし。悪玉コレステロールが増えてきてるんだ。
コレステロールといえば、うちのおじいちゃんは今年96歳だ。さくさく歩いたりはできないが、今でも週末はお父さんやお母さんに紅葉を見に連れて行ってもらったりしてよろこんでいる。まあ30分くらいで忘れるけど。でも96歳にしちゃものすごく元気だ。で、そのおじいちゃんが70歳代だったころ目の手術をした。簡単なものだったらしいんだけど、その時の血液検査で善玉コレステロールが80を超えていたらしい。通常40以上は正常とされるもので70歳を超えて80以上あるというのは驚異の数字らしい。お医者さんが言うにはたまに100を超すような人もいるらしくそんな人は長寿の確率が非常に高いらしい。お母さんも善玉コレステロールの値が高く、私くらいの歳の時はかなりの数字だったらしい。私は今年の健康診断で75だった。おじいちゃんのお兄ちゃんは100歳を超えて103歳だか105歳だったかで亡くなったので、遺伝的にそういう体質なんだろうね。おじいちゃんからお母さん、私とだんだんその血は薄れてきてはいるのですが、いざ死ぬ時まではできるだけ健康でだれにも迷惑をかけずにいたいので、この血を大事にして食生活に気をつけて健康的に生きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください