家族大好き

今日雪の中父さんがやってきた。大好きな父さんにウキウキな私。父さんはいつも自分一人で母さんやおじいちゃんにはだまってこっそりやってくる。家に帰っても私に会ってきたことは話さない。娘大好きなのが言いづらいようだ。そのくせ私が家に帰ると「母さんよかったなあ娘帰ってきてなあ。わしはもう寝るからお前ら二人でしゃべっとれや。」とか言う。私が言うのもなんだけど「父さんが一番よろこんどるやろ!」と思う。しかし夫婦には微妙な力関係が存在すると思う。父さんは私と外出しても家にご飯がいらないと電話できず私にかけろという。私がめんどくさいと渋ると、どきどき&そっけない感じで家に電話する。今日は母さんとおじいちゃんが一緒に出かけているため、「金沢に用事がある」と言ってこっそり来たらしい。まあ実はお母さんいつも気付いてるんだけどね。後で「あの日お父さん行ったやろ。」と言われることがある。ヨメはやっぱりするどい。お父さんは来るだけきて、20分くらいで帰っていく。このそっけないところもいいところだ。足りないくらいがちょうどいいのは食べ物も愛情も一緒だ。お茶のひとつもださずに頭もぼさぼさのパジャマでお出迎えだが、父さんだから全然かまわない。そうそう、父さんのいいところは父親だけど必ず電話をしてやってくることだ。実家の部屋へ入る時も「入るぞ!」と声をかける。そういうところが好きだ。ちなみに母さんは突然ガチャッとドアをあけて、たとえ私が着替えをしてても電話をしててもCDを聞いていても出て行かない。まあそれはそれで好きなんだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です