あるロックドラマーの闘い

半年ほど前、ラウドネスのドラマー・樋口宗孝が肝細胞癌の治療のため活動を休止すると書いたが、バンドの公式サイトに樋口からのメッセージが掲載されている。それによると「癌は思いのほか進行して」おり、「生死をかけての大手術により、肝臓も半分以上摘出」、なお「余談を許さない」状況だという。ファンとしては当然、ドラマーとしての復帰を願うわけだけど、いまはとにかく回復を願うばかり。
◆ラウドネス公式サイト 
http://loudness.jp

ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか

エイドリアン・J・スライウォツキー『ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか』(ダイヤモンド社、02年)を読了。ビジネスにおいて利益を上げるための手法を23のモデルに分類し、それらを対話形式で1つずつ解りやすく解説していく。業界や業態、製品やターゲットが違えば当然ビジネスモデルは変えなきゃいけないわけで、あれが成功したからといって、これも成功するわけではない。ならばどうすればいいのか。本書はそんなときに役に立つだろう。大企業向けには書かれているが、個人事業主でも応用はできるだろう。おすすめ。


湖池屋の「ドンタコス コーンポタージュ味」が異常にうまい。前々からドンタコスには一目置いていたんだけど、この商品はリスペクトに価する。体にあんまり良くないんだろうなあ――と思いながらも、バリボリバリボリ、バリボリバリボリ食べちゃう。これでとうもろこしが国産になったら主食にしてもいい。
◆湖池屋 http://www.koikeya.co.jp

「あるロックドラマーの闘い」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です