カンフー映画の未来――映画『チョコレート・ファイター』

カンフー映画が好きなんだけど、ジャッキー・チェンやリー・リンチェイはすでに年老いてしまったので、これから新作に期待するわけにはいかない。だから今後は彼らが残してくれた作品を見返すことしかできないわけで、そういう意味ではいわゆるカンフー映画は終わったジャンルといってもいいのだろう。――が、しかし、もしかしたらまだ未来があるかもしれない――そう思わせてくれるのが、タイの女の子、ジージャー・ヤーニンだ。

チョコレート・ファイター [DVD]

映画『チョコレート・ファイター』(08年、タイ)は、タイの本格的アクション映画。監督はヤーニン・ウィサミタナン――『マッハ!!!!!!!!』や『トム・ヤム・クン!』のあの監督である。そして主役をつとめるのが、ジージャー・ヤーニンだ。たとえ女の子でも、スタントなし、ワイヤーなし、CGなし――のリアルアクションが繰り広げられる。ジージャーはもともとテコンドーの選手だったらしいが、この撮影のために4年間みっちりとトレーニングを行い、2年をかけて撮影に臨んだ。このアクションがどれだけすごいかは見てもらわなければわからないが、こんなに美しいアクションは見たことがない。芸術的体技。そしてこの愛くるしさ。まさに無敵のヒロインだ。作品のストーリーはさておき、とにかくこのアクションは必見。ぜひ彼女にはタイから中国へ渡ってもらい、ツイ・ハークかジョン・ウー、あるいはジャッキー・チェンの監督でカンフー映画を撮ってもらいたい。カンフー映画の未来はこの子にかかっている。

◆公式サイト http://www.chocolatefighter.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です