ツイッターに乗り換えてはいけないこと

バンドのホームページはやめちゃったの?と言われて、表示されていないことを知った。原因はサーバーのPHPに関する設定が変更されたせいだが、どうやら数日間、このような状態だったようだ。これについてはすぐに直すことができたのだけど、自分でやっているウェブサイトを放置していた現状を目の前に突きつけられたみたいで、これは反省せねばと深く思った。

さて、このウェブサイトを見なくなったのは、これまで何度か書いているように、ツイッターのせいなんだけど、最近、ツイッターに乗り換えてはいけないこともあるなと思いはじめた。

まずはアウトプットとして。これまではブログをやっていることで、無理矢理ブログにアウトプットしてきたわけだけど、これは自分にアウトプットを強いるという意味で、かなり有効だった。ネタがあるから書いていたわけではなく、書かなければいけないからネタを探し出す状態だったわけだ。もしもブログがなければ何も考えずにその日を過ごすところを、ブログがあるから生活のなかでまわりを見渡すようになり、ツッコミどころがあるニュースをチェックし、本を読み、映画を見ていた。つまりアウトプットするためにインプットする。逆説的だが、ブログは自分にとってインプットのためのツールだったわけだ。それがツイッターに換わるとどうなるか。アウトプットのためにインプットするのは同じだが、あまり考えなくなった。たとえばiPadが発売される。ブログであれば、それが社会に与える影響だとか、仕事での利用シーンだとか、アップルの戦略だとか、なんかそういうことを書いただろう。だけどツイッターであれば、「iPadほしー」くらいで終わってしまう。刹那的というか、極めてバカっぽい。熟考することがない。さらに、ブログではそれなりのボリュームを書かなければいけないから、文章を書く練習にもなるだろうが、ツイッターではせいぜい140文字。もちろん、要約する技術だったり、瞬発的なワンフレーズを考える能力だったりは向上するだろうから、ツイッターでのアウトプットがダメだというわけではない。あくまで、乗り換えてはいけないということだ。

それから情報収集として。ツイッターをやるまえまでは、RSSリーダーで300ほどのフィードを毎日追っかけていたのだけど、ツイッターを積極的にやるようになってから、RSSはほとんど読まなくなった。するとどうか。間違いなく、知らないことが増えた。え?そうなの?ということが増えたのだ。また、内容については表面的になった。ニュースなどはヘッドラインだけを読む感じなので、読んでいたとしてもすぐに忘れてしまう。先日、ツイッターはフローでブログはストックだと書いたが、ツイッターで収集した情報は、まるでBGMのようにするすると流れていってしまう感がある。これはもはや「収集」ではないだろう。これはまずいということで、数日前からはまたRSSをがんばって追うようにした。しつこいようだが、ツイッターがダメだというわけではない。ツイッターの方が向いている情報だってある。あくまで、乗り換えてはいけないということだ。

ツイッターは情報のプラットフォームとしてとてもおもしろいと思うし、今後、ユーザーが増えたときにいったいどうなるのか、とても興味深く思っている。だけど、すべてをツイッターに乗り換えると、いろいろとこぼれ落ちるものがある。ようするに使い分けが大切だという凡庸な結論なわけだけど、自分と情報とのあり方については、今後も考え続けなければいけないと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です