デモテープといってもテープじゃない

定例のスタジオ練習。今日の昼間――というかほとんど練習直前に新曲「I Wanna Be」の歌詞をやっつけたので、これを中心に練習した。前回は特にドラムがカチャカチャでひどい演奏だったから、今日はある程度予習してそれなりに叩けたんだけど、なんかおかしい。デモテープとあまりに違うのだ。歌詞が悪いのか、演奏が悪いのか、何が悪いのか解らないんだけど、違う。なんだろう、何が違うんだろう。

日本の夜と霧

DVDで映画『日本の夜と霧』(60年公開作品)を観た。監督、脚本は大島渚、出演は桑野みゆき、津川雅彦、渡辺文雄など。学生運動がテーマの映画――という予備知識はあったんだけど、結婚披露宴のシーンではじまったから意表を衝かれた。しかもこの作品、思った以上にコアな学生運動の話だったんだけど、なんと最初から最後まで披露宴会場が舞台なのだ。新安保闘争で結ばれた新郎と新婦。そしてそれを祝う出席者も皆、かつての同志だった。とはいえ、彼ら/彼女らは一枚岩だったわけではない。党の方針変更に日和る者もいれば、ついていけない者もいる。過去を隠して暮らしている者もいれば、過去にできない者もいる。そういう様々な思いを秘めた出席者たちが、めでたいはずの場所で大論争を繰り広げるのだ。当時を知らず、知識もあまりない僕には、正直、退屈な作品だったけど、こんな感じだったのか――と再現ドラマを見るような感じで興味深かった。たかだか半世紀で時代は大きく変わっちゃうんだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です