メトロノームは電子音楽の夢を見るか

タイトルにとくに意味はない。定例のスタジオ練習。前回はリズム隊だけでメトロノームに合わせて練習したので、今回も引き続きメトロノームくんに参加してもらった。ドラマーならわかると思うが、ふだんクリックを聞く習慣がないと、それに合わせて叩くのはなかなか難しい。バンドで演奏するときはドラマーだけがヘッドホンでクリックを聞くので責任重大。ちょっとズレたと思って帳尻を合わせようとすると余計にグダグダになってしまったり、クリックに集中するあまりグルーヴ感のまったくないのっぺりとしたリズムになってしまったりするのだ。まして慣れない新曲。案の定、苦笑いの演奏になってしまった。昔よりはリズムキープはできるようになってきたのだけど、曲の起承転結においてスポード感を出したいところで実際に速くなっちゃうのだ。まあ、1曲を通してテンポは一定でなければならないというルールがあるわけではないが、スピード感は実際の速度ではなく体感速度で出すべきなのだろう。しばらくはメトロノームと一緒に練習していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です