ライブ終了報告

先週の土曜日に D.N.A Rock Cafe (以下、DNA)でライブをやってきた。今年3回目。 DNA では2回目のライブとなる。今回の対バンはお店のスタッフが声をかけてくれた Group of Poverty という若い子たちと、僕が声をかけた N⇔G と福井の Make One’s Mark (以下、メイクワン)で、うちと合わせて4バンドでやる予定――だったのだけど、僕のありえない失態によりメイクワンが出られなくなってしまい、3バンドでのライブとなった。

さて、簡単に報告をしておくと、トップで出てもらった Group of Poverty はまだ10代の若いバンドだったのだけど、驚くほどうまくて、まとまっていて、オリジナルの楽曲もクオリティが高く、パフォーマンスもさまになっていて、感心しきりだった。プロ志望らしいが、あとはオリジナリティをもう少し考えれば、じゅうぶんにやっていけるのではないだろうか。デビューの暁にはぜひマネージャーで雇ってもらいたい。

2番目の N⇔G は何回も書いているので省略――というのもアレなので、ちょっとだけ書いておくと、お客さんとして来てもらった会社の同僚はこのライブで N⇔G の MC がもっともおもしろかったようだ。あまり MC が評価されるとそういう方向に進んでしまうので注意してほしい。ここはいろんな意味でうちと似ているバンドだから、なにかと心配なのだ。

で、うちのバンド。個人的には当日の昼がずっと憂鬱な会議だったので、メンタルとフィジカルのコントロールが課題だったのだけど、それはうまく対応できたと思う。ただ、これは前々からなんだけど、 DNA のドラムセットがどうも苦手で、とくにスネア・スタンドは僕の乱暴な演奏に耐えられずすぐに傾いてしまい、今回もミス・ショットを連発してしまった(追記:DNAの機材が悪いわけではなくて、たんに僕のスネアが異常に重たく、僕の演奏が異常に乱暴なのが原因)。次回の言い訳にしないよう、帰ってからすぐにスネア・スタンドを注文。今後のミス・ショットは技術的な問題だと思ってもらって結構だ。さて、他のメンバーのミスもすごく気になったけど、まあそれは今後の課題ということで。セットリストは以下。

  1. Fire for desire
  2. Liar
  3. TV show
  4. I shoot myself
  5. Just another way
  6. Love ballade
  7. Fight for our freedom
  8. Salamander

次回はぜひメイクワンとの共演を果たしたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です