チェンジするのは誰だ

フジテレビのドラマ「CHANGE」が最終回だったらしい。植草一秀はこれを自民党によるプロパガンダ・ドラマだと警鐘を鳴らしている(「「CHANGE」最終回-偽装に欺かれてはならない-」)。まあ、そういう面はあるだろうが、視聴者だってある程度はそういう目で見ているんじゃないだろうか。で、この記事で、そうだ!と思ったのはじつはここじゃなくて、ここ。

私も、現在の民主党のすべてが正しいと考えているわけでない。党内議員の思想、哲学の個人差は非常に大きく、重要な政策について意思を統一できるのか、強い懸念を感じる。また、政権を樹立した時に官僚利権や政治利権を本当に根絶できるのかについて、大きな不安を残しているとも言わざるを得ない。

しかし、「弱肉強食奨励」、「官僚利権温存」、「対米隷属外交」を基本政策とし、「官僚主権構造」を支え続けている日本の政治状況を根幹から「CHANGE」するために、政権交代が不可欠であると確信している。

まったく同感。民主党はやっぱり全然ダメだし、政権を任せるのはとても心配なんだけど、状況を変えるためには、政権交代しかないのだ。民主党だって、政権を取ったら取ったでしっかりするはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください