変わりゆくジャーナリズム――映画『消されたヘッドライン』

WEBファーストという言葉があるが、これは数年前に欧米の新聞業界で言われ出しだことで、それまでは紙媒体の情報をウェブ媒体に二次利用していたが、新聞の発行部数が減り続けるのにあわせ、最近記事を紙ではなくウェブで配信し、紙とウェブとの優先順位を逆転させるような編集方針を指す。だから欧米では新聞社が配信する情報量は紙よりウェブのほうが圧倒的に多い。しかし日本では紙媒体の新聞がまだなんとかがんばっていることもあり、最新記事はウェブで配信されるが、優先順位を逆転させるまでにはいたっていないようだ。

映画ではよく「政治とジャーナリズム」の問題が取り上げられるが、このようにジャーナリズムが変わっていくにつれ、当然、映画での描き方も変わっていくことになる。

消されたヘッドライン [DVD]

映画『消されたヘッドライン』(09年、アメリカ・イギリス)は、現代の政治とジャーナリズムを描いたサスペンス作品。若手政治家の秘書が電車事故で死亡した事件と、その前夜に起きた黒人少年の殺害事件――ふたつの事件を追う新聞記者はやがて巨大な軍事企業にたどり着くが――。監督は ケヴィン・マクドナルド、出演はラッセル・クロウ、ベン・アフレックなど。本筋にはあまり関係ないが、現代っぽいなと変に関心したのは、ラッセル・クロウ演じる新聞記者と一緒に事件を追う、ケヴィン・マクドナルド演じる記者が、ブログの担当だということだ。このふたりが、ジャーナリズムの変化を表している。ストーリーはしだいに大きくなっていき緊張感は増していくのだが、最後のサプライズがまさにサプライズで、あ然としてしまった。え?それでいいの??――みたいな。まあ、直球勝負だとよけいに陳腐になってしまうだろうから、これはこれで妥当な終わらせ方なのかもしれない。

ラストの主人公のセリフが印象に残った。

なぜ? もう誰も新聞を読まないから?
数日間は売れてもあとはただのゴミか?
だが憶測だらけの三流ニュースと真実の報道を人々は見分ける
地道に事実を追い記事にする努力を評価するはずだ

現代アメリカの政治とジャーナリズムを描いた作品としておすすめ。

◆公式サイト http://www.stateofplaymovie.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です