変わる経済システム

アメリカでは金融安定化法案が否決され、ダウ平均株価は777ドル68セント安という史上最大の下げ幅を記録した。ただ「史上最大」といっても、パーセントでいえばたかだか7%弱。日経平均もたいして下がらなかったし、メディアが騒ぐほど市場は混乱していないように見える。ならばこのままいずれ落ち着くかといえば、そうはならないだろう。やっぱりどこかで、投機経済から実物経済へのシフトは起こるだろうし、ドルの基軸通貨体制も長続きはしないだろう。ただいまのところ具体的なスキームがないから、とりあえず公的資金を注入して混乱は収束させようと。なんでマネーゲームの失敗に血税を投入しなきゃいけないんだよ!――というのは解るが、いまはそんなことを言ってる場合じゃない。

明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45)

佐藤尚之『明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法』(08年)を読了。いままではいわゆる「4マス」(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)に力があったので、広告はそこへ出しておけば間違いなかったんだけど、消費者とメディアの関係が大きく変わったことで、広告が届きにくくなった。これからの広告で必要なのは、広告と消費者との接点――コンタクト・ポイントを探し、そこでのコミュニケーションを「デザイン」することだと。とても勉強になった。広告関係者はもちろん読んでいるだろうけど、印刷や出版、放送などメディアに関わるすべての人は必読だろう。おすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です