少林寺拳法の原点――映画『少林寺拳法』

カンフー映画が好きだ。原点はジャッキー・チェン。テレビで放映される作品を見ながら体を鍛え、カンフーのマネをする。僕らの世代はみんな似たような経験があると思うが、僕は誰よりも影響を受けちゃって、少林寺を習いたい!と母親に懇願し、教室を探してもらったという恥ずかしい過去がある。結局、少林寺拳法の道場はあったにはあったが、家から出ているバスがなかったために、代わりに算盤を習うというわけのわからないことになってしまった。ただ、その頃は「少林寺」と「少林寺拳法」の違いも知らなかったから、道場に行っていたとしても、こんなのカンフーじゃない!とすぐに辞めたかもしれない。

少林寺拳法 [DVD]

映画『少林寺拳法』(75年、日本)は、少林寺拳法の創始者——宗道臣の半生を描いた作品。戦後の混乱期、満州から引き上げてきた宗道臣は、堕落した若者を教育し、荒廃した日本を立ち直らせるべく、各種の拳技を組み合わせた独自の武道——少林寺拳法を立ち上げるが、勢力を拡大しつつあったヤクザとの抗争が起こり——。監督は鈴木則文、出演は千葉真一、志穂美悦子など。少林寺拳法は格闘技というより護身術だというようなイメージがあったが、この作品では暴力として描かれていることに驚いた。バイオレンス映画。『仁義なき戦い』をイメージしてもらえればいい。とにかく力でねじ伏せるのだ。ラストには「正義なき力は暴力なり、力なき正義は無力なり」というメッセージが表示される。少林寺拳法はかつてこんなにも熱い武道だったのだ。宗道臣を演じる千葉真一の演技も熱く、体技もすばらしい。戦後の混乱期を描いた作品としても秀逸。おすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です