日の丸ニッポンはどこへいく

野村ホールディングスは破綻したリーマン・ブラザーズのアジア太平洋部門だけでなく欧州・中東部門も買収するらしい。昨日は三菱UFJフィナンシャル・グループがモルガン・スタンレーに出資して筆頭株主になるという発表もあった。今回のアメリカの金融危機を契機に、日本の金融機関が大きく世界進出する――というのは聞こえがいいんだけど、それって大丈夫なのかと。たんに尻拭いをさせられるだけなんじゃないかと。心配でならない。

キッド・ピストルズの最低の帰還

山口雅也『キッド・ピストルズの最低の帰還』(08年)を読了。パラレル・ワールドのイギリスを舞台にパンク探偵が事件を解決する「キッド・ピストルズ・シリーズ」の第5作、13年ぶりとなる新刊。学生時代に夢中になって読んだシリーズだからとっても楽しみにしていたんだけど、まったくおもしろくなかった。このシリーズは「狂気には狂気の論理がある」をコンセプトに、犯人の狂気のロジックをパンク探偵が解読するというものだったハズだが、本作はどういうわけか普通のミステリー。もちろん、山口の作品だから普通といっても普通じゃないんだけど、このシリーズで扱うべきネタだとは思えない。タイトルが自虐的ギャグに思えてしまう。

明日、あさってと東京出張。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です