無料ってなんなんだろう――クリス・アンダーソン『フリー』

「無料」ということの意味がよくわからなくなっている。たとえば音楽ならこれまではレコードやCDを買って聴いていたものが、いまではネットで無料で聴くことができるし、グーグルをはじめとするWEBサービスは驚くほど高機能なものを無料で利用することができるし、スカイプなどは無料で通信することができる。だけど、すべての音楽やWEBサービス、通信が無料になったのかというとまったくそうではなく、高額のものも一方ではあるのだ。このとき〈無料のカラクリ〉がわかるのであれば、まだ理解できる。Googleなどは他の広告収入で成り立っているのだなということは想像できる。だけど、どうしてこれが無料なのだろう?と首をひねらざるをえないものもある。いったい「無料」ってなんなんだろう。

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

クリス・アンダーソン『フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略』(09年、日本放送出版協会 )は、タイトルのとおり「無料」についての本。無料っなんなんだろう?という疑問には、まずこのように答えてくれる。「21世紀のフリーは20世紀のそれとは違う。アトム(原子)からビット(情報)に移行するどこかで、私たちが理解していたはずの現象も変質したのだ。『フリー』は言葉の意味そのままに『無料で自由』であることになった」。なるほど、つまりいまは「フリー」の意味が移行しつつあるのだ。わからなくなるのもムリはない。新しいフリーのビジネスモデルを、著者は大きく4つに分類する。「(1)直接的内部相互補助」「(2)三者間市場」「(3)フリーミアム」「(4)非貨幣市場」の4つだ。(1)はたとえば街頭で無料の試供品を配り、そのコストを広告費として商品の価格に上乗せされるようなやり方。(2)はたとえばテレビ番組の制作費をCMのスポンサーが負担しているようなやり方。(3)は一部の有料ユーザーが、その他の無料ユーザーのコストを負担するようなやり方。(4)はボランティアなど市場原理とは離れたもので、ウィキペディアなどをイメージしてもらえればいい。ようするに、どうしてこれが無料なのだろう?と首をひねるものも、結局は〈無料のカラクリ〉が見えにくくなっているだけで、多くの場合は無料ではないのだ。で、これを可能にしたのが、つまりはインターネットなどの情報技術なのである。こういう世の中の変化を考えずに、たんに「無料だから」という理由で行動していては、場合によっては合理的ではないこともあるということだ。フリーの変化は価値観の変化でもあるのだろう。強くおすすめ。

「無料ってなんなんだろう――クリス・アンダーソン『フリー』」への2件のフィードバック

  1. これはほんとビジネスマン必読ですよ。巻末にはビジネスでフリーをどうやって導入するかみたいなリファレンスもあって役に立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です