私を殺してください-映画『半落ち』

私を殺してください――と積極的な依頼を受けてその人を殺すことを嘱託殺人という。たとえば愛する人に殺してくれと言われたらどうだろう。もちろん断る。だけど、愛するがゆえに殺してあげたいと思えるときはどうだろう。

半落ち [DVD]

映画『半落ち』(04年、日本)は、アルツハイマーの妻を殺した警察官の、殺害から自首までの空白の2日間を描く。横山秀夫の同名小説を映画化したもので、監督は佐々部清、出演は寺尾聰、原田美枝子など。タイトルの「半落ち」とは警察用語で、一部を自供したことをいう。自首した警察官(寺尾聰)は妻を殺したことは認めているが、自首までの2日間については話そうとしない。半落ちなわけだ。ストーリーはこの2日間の謎について進んでいくが、警察の自己保身、警察と検察の確執、スクープを執拗に追う新聞記者、アルツハイマー病、白血病と骨髄移植など、人間ドラマが絡み合っていく。原作は未読だからわからないが、映画としては冗長で安っぽく、ラストでは完全に白けてしまった。映画化には向かない作品だったのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です