現代アート

金沢21世紀美術館でゲルハルト・リヒター展を見てきた。ゲルハルト・リヒターは「現代絵画の巨匠として高い評価を受けているドイツの画家」らしい。一緒に行った会社の後輩は「僕にはまったく分かりません」と言っていた。現代アートは分からないとよくいうが、このときにの「分かる」が「意味が分かる」という意味であれば、分かる必要はまったくない。だから『鏡』と題された作品を見て「ただの鏡じゃないですか」とつっこんだ後輩は、まったく正しいのだ。ただ、それが乗りつっこみだったらなお良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です