金融工学で金儲け

#昨日の日記
野口悠紀夫『金融工学、こんなに面白い』(文藝春秋、2000/09)を読了。『「超」整理法』でおなじみの著者による金融工学の解説書で、リスクと分散投資、先物取引、オプションなど、およそ金融工学についてイメージされるものについてひと通り書かれている。そのためにエッセンスだけがまとめられたものになっており、入門書を期待して読むとチンプンカンプンなところもたくさんあるかもしれない(>僕)。前半部分、株価はなぜ予測できないか、効率的市場、リスクの期待値について、分散投資の原理ついて書かれたところは、大変分かりやすくて面白かった。非常に誠実な本なので、金融工学で金儲けをしようとたくらんでいる人には、まったく面白くない本だろう。
◆アマゾン http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166601237/ref=ase_babybuggyoffi-22/249-7559699-6573931

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です