死者に鞭打つ~松岡農相が自殺

安倍内閣のウィーク・ポイントは松岡利勝農水相であるとこの日記でも何度か書いてきたが、本人が疑惑の追求に耐えきれず死を選ぶという結果になってしまった。死者に鞭打つようで気が引けるが、やはり松岡氏は大臣になんかなるべきではなかったし、彼を任命した安倍首相の責任は大きい。数々の疑惑はこれで有耶無耶になってしまうだろうが、これはけっして松岡氏だけの問題ではなく、自民党の構造的な問題だということをしっかり認識しなければならない。

ZARDの坂井泉水さんが入院先の病院で亡くなったというニュースも流れた。避難用スロープから落下したらしいが、事故だとすると病院の施設管理はどうなっていたのか。病院にかぎらないが、公共の施設で、ここ危ないよな、と思うところは少なくない。段差をなくせばいいや、とか手すりをつければいいや、ということではなく、いろんなケースを想定して安全対策を行うべきだと思う。もちろん、自分で死を選ぶケースも含めて。

食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉

山田真哉『食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字〈上〉』(07年、光文社新書)を読了。『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』や『女子大生会計士の事件簿』で有名な著者による最新作。ビジネスの場面で数字がどのように使われているかを紹介したもので、スタンスは『さおだけ~』と同じだが、こちらのほうが平易で読みやすく書かれている。中高生とかが読むビジネス・エッセイとしては良いだろう。おすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です