悪い奴ら

竹中平蔵は小泉退陣と同時に政界からパージされるんじゃないかと言われている。たしかにこのところ竹中氏の存在感は薄い。さらに、最近のマネーをめぐる事件の延長で、竹中氏もヤバいんじゃないかとまで言われている。堀江→村上→福井→木村→宮内→竹中といった具合だ。まあつながりでいえばそうなんだけど、せいぜい木村止まりなんじゃないだろうか。検察がそこまでやるとはとても思えない。耐震偽装をめぐる事件でも、結局は姉歯だけの責任になってしまった。政権交代でも起こらないかぎり、ほんとの悪い奴らまで手が届くことはないのだ。

ビル・エヴァンス『ワルツ・フォー・デビー』(61年作品)を聴く。ピアノ・トリオの超名盤。こないだ聴いた『ポートレート・イン・ジャズ』と同じメンバーで録音時期も近いんだけど、これはスローな曲ばかりだったので、退屈してしまった。じっくり聴けば超名盤と言われるだけあっていいんだけど、BGMにしちゃうとスーと流れちゃう。個別ではやっぱりスコット・ラファロのベースがいいね。なんでもこの録音の11日後に事故で死んじゃったそうだ。そういうエピソードを知ってから聴くと、なおさら心に響いてくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です