文芸誌

久しぶりに文芸誌を買ってみた。「群像」の7月号。まずは増田みず子の短篇「面変わり」を読む。更年期障害に悩む女性の話なんだけど、これがまあおもしろくないのなんの。この作家の他の作品を読んだことはないんだけど、ネットで検索するとファンだと言う人が少なからずいるから、長篇はおもしろいのかもしれない。だけど、これを先に読んじゃうととても読む気がしないわ。次に奥泉光と町田康の「物語を打ち破る力」という対談を読んだんだけど、これもおもしろくなかった。奥泉は僕が最も好きな作家の1人なんだけど、これはいただけない。朗読と小説、小説と音楽とか、話してるテーマ自体はおもしろいんだけど、やりとりが居酒屋レヴェル。ていうか紙面を取りすぎ。もっと短くまとめろよ>編集者。ここで他の作品を読む気が失せちゃったので、続きはまた後日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です