これぞ少林寺

#昨日の日記
朝のニュースで、小林興起、荒井広幸らが、田中康夫・長野県知事を担いで新党「日本」を旗揚げしたことを知った。県知事としての田中については賛否あるわけだけど、彼の良識がいかほどのものかはさておき、知識人が政治の場に参画することは大いに歓迎したい。日本にはまともに政策論争できる政治家が少なすぎるのだ。ついでに浅田彰とかも出てくれないかな(ありえないだろうけど)。でも、民主党のネクスト内閣に入っていた田中が、自民党の郵政守旧派と組むッてのはどうなんだろう。バックには小沢一郎がいるんだろうけど、何を狙っているのか。そのうち石原慎太郎が出てくるのか?
DVDで映画『少林寺列伝』(1976年作品)を観た。まったくはじめて観た作品だったんだけど、少林寺を題材にした作品としては、僕のなかでベストかも。ストーリィは、清朝打倒を目論む若者たちが少林寺に入門、修行し、官軍と戦う、というシンプルなものなんだけど、『少林寺三十六房』のようなトンデモ修行シーンあり(『~列伝』の方が先行作品)、本格的なカンフーあり(本物の武闘家が武術指導)、ジャッキー・チェンの『少林寺木人拳』にも出てきた「木人」あり、大乱闘シーンあり(クライマックスの血生臭さは他に類を見ない)、歴史あり(カンフー・ファンにはお馴染みの「天地会」を作った少林五祖の面々や、方世玉、洪熙官などが勢揃い)、とにかくおもしろ要素がてんこ盛りなのだ。どうしていままで見逃していたのか。大傑作。
◆アマゾン http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001FM12Y/ref=ase_babybuggyoffi-22/249-7251670-3812338

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です