借りっぱなし歓迎

オンラインDVDレンタルってどんなしくみになってるんだろ、と気になっていたんだけど、TSUTAYA DISCAS でサービス案内を読んで思わず唸った。このオンラインDVDレンタルというのは、ネットでDVDを選ぶとそれが自宅に届けられ、見終わったら郵便で返却するというもの。で、だいたいどこの会社でも似たようなしくみなんだけど、料金は定額制で、金額によって借りられる枚数制限があり、返却期限がなく延滞料金もかからない。ポイントはこの返却期限がないというところで、そんな馬鹿なと思うが、ここがうまくできているのだ。たとえば TSUTAYA DISCAS のAプランの場合、月額1974円で8枚まで借りることができるが、まずユーザは借りたいアイテムを何タイトルか予約する。するとその予約リストのなかから、借りられるものが2枚だけ送られてくる。それを返却すると次の2枚が送られてくる。で、返さなくてもいいが、返さない限り、次のが送られてこない、と。つまり、サッサと8枚を借りようが、ずっと2枚を借りようが月額料金は変わらないわけで、むしろレンタル屋としては、返してもらわない方が郵送料や手間賃などコストがかからずウハウハなのだ。ならその分ユーザが割を食うかというとけっしてそうじゃなくて、上限枚数まで借りなかったとしてもそこそこ借りれば1枚あたりは割安だし、ショップで探す手間は省けるし、恥ずかしい作品をうつむきながらカウンタに差し出す必要もない。ただデメリットは、いますぐあれが観たい!と思っても、それがいつ届くか分からないということ。これはけっこう痛いかもしれない。あと、今日は映画マラソンで10本ぶっ続けで観るぞ!と思ってもインターバルが空いちゃうということ。まあそういう場合はショップで借りればいいわけだけど。と、いうことで、早速会員登録して10タイトルほど予約した。さて、何から届くのやら――。

ザ・レッド・ジャンプスーツ・アパラタスのデビュー・アルバム『Don’t You Fake It』(06年作品)を聴く。レコード屋で試聴して即買い。流行りのスクリーモ系なんだけど、超キャッチーかつハードで、演奏もアレンジもすばらしい。際だったオリジナリティはないが、1曲1曲の完成度が高いので最後まで飽きさせない。若者限定だけどおすすめ。
●公式サイト http://www.redjumpsuit.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です