ライブ所感

#一昨日の日記
明らかに練習不足のまま本番の朝を迎えた(起きなのは昼すぎだったけれど)。いつもは本番まえに1人でスタジオに入って練習するんだけど、なんだかダルくて自宅でイメトレ。いま思えばこれがいけなかったのだろう。本番の演奏はまあヒドいものだった。過去のライブでも数回あったんだけど、四肢がまったく連動しないのだ。やっぱり当日はちゃんとドラムセットで練習しなきゃダメだな。お客さんにもメンバーにも本当に申し訳ない。あ、でも、最後の「酩酊侍」のギター・ソロ明けのブレイクが合わなかったのは高西さんのせいだからね。「ブレイクでしゃべるからストップして」と言われたから待ってたら、高西さんたらサッサとジャンプしちゃって、あれ?みたいな顔をしてるわけ。あれ?はこっちだって! まあちゃんと曲が続いたから良かったけど。さておき、今回は新曲を2曲――高西さん作詞作曲のと熊崎さん作詞作曲のとを演ったんだけど、どうだっただろう。これまでとは違う感じの曲だけど、仕上がりはベイビーバギーらしくなったんじゃないかと思う。演奏はまだまだこれからだけどね。さて、今回は対バンが Texas Samurai と Sahaj。Texas Samurai はアコースティックとバンドの2本立てで、どっちも良かったんだけど、バンドの方はせっかく曲も演奏もいいのにネタとベタが曖昧でもったいないと思った。笑うに笑えない、みたいな。Sahaj は中学生と高校生の兄弟が率いる話題のバンドで、ウワサ以上にすげーうまいと思ったんだけど、とにかく長かった。いや、最初から長いと知ってたならともかく、40分か50分程度だと思ってたら1時間半もあったもんだから、余計に長く感じちゃったのだ。いやでも、うまかった。ドラムの女の子も無表情なところがかわいくて良かった。僕より数段うまかったし。ライブ後は打ち上げに行ったんだけど、ヘコんでて楽しめなかった。楽しく打ち上げができるように練習しなきゃね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です