カンフー映画に恋してる

少林寺武者房

DVDで『少林寺武者房』(1984年作品)を観た。『少林寺三十六房』のリュー・チャーフィが監督、主演。アクションはいいんだけど、ストーリィにはムリがあるし、セットはちゃっちい。『三十六房』からの引用が多いのは、ファン・サービスと言えばそうなんだろうが、安易といえば安易。そしてエンディングのたたみかける展開は、フィルムがなくなったのでサッサと終わらせました!みたいないい加減さ。映画としてはどうしようもない駄作でツッコミどころ満載なんだけど、でもこれがカンフー映画を観る楽しみなんだってな。いい作品はいい作品でいいんだけど、ダメな作品はダメな作品でいい、と。恋愛感情だな、これは。
夜は定例のバンド練習。クリックを聴きながら叩くと余計にリズムが狂う。いつになったら慣れるんだろうか。てか慣れる日は来るんだろうか。
◆アマゾン http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005V4K5/babybuggyoffi-22/249-7251670-3812338

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です